ダイフルカン

黒田官兵衛の輿 - 軍師官兵衛-NHK大河ドラマ-プラットホーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ

黒田官兵衛の輿

■ 官兵衛の乗った輿

 信長に叛旗を翻した荒木村重を説得するために、単身、有岡城に乗り込んだ官兵衛は、村重によって1年近くの間、身を動かすこともままならない土牢に押し込まれ、助け出されたときには、一生、膝の曲がらない不自由な体になってしまった。

 そこで、それ以来、官兵衛は戦場では輿に乗ったまま指揮を振るうようになるのだが、さて、それはどんな輿なのか、これまで、どの小説を読んでも頭に描くことができなかった。

 この点、吉川英治の「黒田如水」は、それがどんな輿であったのかを詳しく書いてくれている。こうである。

 彼の陣輿は、彼の工夫を多分に取り入れたものだった。従来の輿では、重きに失して、進退の迅速を欠く。また、近来用いられだした駕籠では、敵に出会って働きができない。そこで、彼は輿と駕籠を折衷した新様式の陣輿を案出した。
 それの用材にはほとんど竹を用いた。重量を軽減するためである。上の覆屋根は除き、船形の座だけを深目にして、すっぽり座り込む。そして神輿のように高々とかつがせるのだ。
 担い棒は2本通し、前棒に2人、後棒に4人、都合6人して担がせた。これなら担う者も軽々と進退できるし、乗っている官兵衛も座ったままで、長柄でも刀でも使いえる。いざとなれば、乱軍の中へ駆け込んでも、自由に敵と渡り合えるという点を主眼としたものだった。

 
 うーん。なるほどなあ。これはきっと笹舟を大きくしたようなものを想像すればいいのだろう。竹で作ったその笹舟の底の両サイドに2本の担い棒を平行にくくりつけて、これを前の両サイドで2人が後ろの両サイドで4人が担うというわけである。

 さあ、NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」では、どんな輿が登場するのだろうか。今から楽しみなことだ。



黒田如水(吉川英治歴史時代文庫 44)黒田如水(吉川英治歴史時代文庫 44)
吉川 英治

講談社 1989-11-11
売り上げランキング : 123363

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ

トラックバック

9.19 バラ、まんじゅしゃげ、そのほかいろいろ

■ バラ  この時期にバラが咲くのは、5月と季節が似てるからかな? それとも品種違い?

2013-09-19 12:43 from 四季折々の草花のうつろい、オイラの弁当

9.19 コロッケ野菜あんかけ、ししとうおかかまぶし、ウィンナー、焼き豚の卵とじ

■ 今日(9/19(木)の弁当  1品づつ見ていこう。

2013-09-19 12:44 from 太郎の弁当・断酒そのほかもろもろ日記

9.19 今日の弁当(コロッケの野菜あんかけほか)

■ 今日(9/19(木)の弁当  1品づつ見ていこう。 ◇ 焼き豚卵とじ、ウィンナー  焼き豚を細かく切って、卵で閉じたよ。ウィンナーは定番。 ◇ コロッケの野菜あんかけ  市販品のコロッケだけじゃ芸がないので、にんじんとたまねぎの野菜あんかけにしちゃったい。  ◇ ししとうのおかかまぶし ...

2013-09-19 12:45 from 太郎のグルメガイド・グルメエッセイ

9.19 今日の1句

◆ 今日の川シルバー川柳     (今日の一句) 老いぬれど 母恋しくて 涙ぐみ  (太郎)

2013-09-19 12:56 from カッパの川柳

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 軍師官兵衛-NHK大河ドラマ-プラットホーム All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。