ダイフルカン

下天は夢か 津本陽著 読中感② - 軍師官兵衛-NHK大河ドラマ-プラットホーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ

下天は夢か 津本陽著 読中感②

 「下天は夢か」①から続く


■ 「下天は夢か」の特徴

 「下天は夢か」の特徴を2つばかり挙げておこう

 1つは、しゃべり言葉が当時そのままに再現されていることである。普通の時代小説は、たとえば「かしこまって候」などと、1部分は当時の言葉を使ったりすることはあるが、ほとんどの場合は標準語をしゃべる。そうでないと読みにくくて仕方がないからだろう。

 「下天は夢か」は、違う。徹頭徹尾、当時のしゃべり言葉を用いている。いや、それは正確ではない。本当に、当時はそんなしゃべりをしていたのかどうか確認する手段がないからである。
 そういう意味で、より正確を期するなら、「下天の夢」は、各種の資料を渉猟したうえで、当時の話し言葉を再現しようと試みているといったほうがいいのだろう。

 信長は、やや細身で女性のようなかん高い声で話したといわれている。あまり多弁ではなかったようだ。そういえば、NHKの大河ドラマで、信長が「であるか」しかしゃべらなかったことがあったっけ。

 「下天は夢か」の中の信長の話し言葉を、2つほど拾い上げてみよう。

■ 信長の話し言葉

 「そのほうが高名はめずらしからずといえども、今日のはたらきはとりわけ衆にすぐれしものでや。されども合戦の早業いたすに素足とは、心がけうすいでねあーか。わしは若年の頃より、出陣ごとに刀の鞘に足半(あしなか)一足をつけおき、草履の切れしときはこれを履きしものだわ。いまはそのほうに取らせるゆえ、履きてゆくがよからあず」
       (前田又四郎の武功をめでる場面での信長)

 「およそ主人と申すほどの者は、家来どもの勘考いたす了見と、同じことを思いおるようでは、いずれはすたれよう。家来のうち、誰ひとり思いつかざるごときことをいたさねば、家をながくもちこたえられぬものでや」
       (日ごろから信長がいっていたとされる言葉)


 読み始めは、こんな言葉づかいにややとまどうが、慣れてくるとこの方が臨場感があるように思えてくるから不思議だ。津本マジックといったところだ。

■ 史実に忠実な描写

 もうひとつの特徴に、「下天は夢か」の中には想像上の人物がひとりも出てこないことがある。多くの資料が引用され、それに基づいて、当時の状況を再現することに意を用いているのである。
 たとえば、私の好きな司馬遼太郎の「竜馬がいく」などを読むと、寝待の籐兵衛だとか、お田鶴様だとか(お田鶴様は歴史上の人物だったっけ?)、竜馬を付けねらう素浪人などが多く登場し、話に彩りを添えているのだが、「下天は夢か」にはそれがない。

 そのよしあしは措くとして、これは歴史小説を描く際の津本陽の信条なのだろうかとも思う。いやあ、本当にこの小説はおもしろい。



織田信長



下天は夢か 一 (角川文庫)下天は夢か 一 (角川文庫)
津本 陽 村上 豊 

角川グループパブリッシング  2008-10-25
売り上げランキング : 27494

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

下天は夢か 二 (角川文庫)下天は夢か 二 (角川文庫)
津本 陽 

KADOKAWA / 角川書店  2013-02-25
売り上げランキング : 12455

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

下天は夢か 三 (角川文庫)下天は夢か 三 (角川文庫)
津本 陽 

KADOKAWA / 角川書店  2013-02-25
売り上げランキング : 12457

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

下天は夢か 四 (角川文庫)下天は夢か 四 (角川文庫)
津本 陽 

KADOKAWA / 角川書店  2013-02-25
売り上げランキング : 12459

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 軍師官兵衛-NHK大河ドラマ-プラットホーム All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。