ダイフルカン

第2回放送「忘れえぬ初恋」-26.1.12ー(その②) - 軍師官兵衛-NHK大河ドラマ-プラットホーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ

第2回放送「忘れえぬ初恋」-26.1.12ー(その②)

第2回放送「忘れえぬ初恋」-26.1.12ー(その①)から続く

■ 官兵衛の初陣

 小寺政職の近習となった官兵衛が、いつ初陣を飾ったのか、史実上、はっきりしてはいません。
 私は、近隣の小豪族か夜盗の類が、小寺領内を侵したときに、職隆にしたがってそれら夜盗の類を追い払ったときではないかと考えていますが(→官兵衛の初陣)、ドラマでは、永禄5(1562)年、龍野の赤松久秀が挙兵して小寺領内に攻め込んだときだとしています。
 確かに、そのほうが初陣としての見栄えはしますよね。

 

■ 左京進との確執のはじまり

 ドラマでは、官兵衛が初陣を飾ったこの合戦で、官兵衛と同じ近習の櫛橋左京進は、政職に願い出て先陣を許されます。
 その姿に切歯扼腕する官兵衛。しかし、父、職隆の言葉「出すぎた杭は打たれる」を思い出し、ここはぐっと我慢の官兵衛。
 
 さあ、合戦が始まりました。戦況やいかに。
 本陣からはその様子がよくわかりません。「戦況はどうなっているのか」と焦れる政職に、官兵衛は「この辺の地理に詳しいから物見に出してほしい」と願い出て許されます。
 戦況を一望できる高みにのぼり、部下の母里武兵衛(永井大)と合戦の様子をみながら、官兵衛はあることに気がつきます。
 赤松勢が攻めるとみせかけて大きく引き、引くと見せかけてやや攻めるという一進一退を繰り返しながら、先鋒の左京進たちを味方陣内に誘い込もうとしているのです。
 敵を味方の陣内深くに誘い込み、敵の後方に伏兵を隠しておいて、両方から挟撃する孫子の兵法です。
 
 これに気づいた官兵衛は、武兵衛に対して本陣に戦況を伝えにいかせるとともに、自らは合戦場で戦っている職隆のところに、これが敵のわなであることを伝えにいき、父を先導して抜け道を通って左京進たちを救いにいきます。

 左京進たち先遣部隊が、敵の挟撃にあって絶体絶命の危機に陥っているところに、間一髪、職隆たちが現れ、そこで激しい白兵戦が展開されます。
 敵は官兵衛にも襲いかかり、危うく、命を落としそうになったところを、官兵衛は叔父である黒田休夢(隆大助)に救われるのでした。

 合戦は、官兵衛の機知で小寺方の勝利に終わります。勝どきをあげる小寺勢。その中にあって、あたりに転がった死体を茫然とみつめながら、官兵衛は合戦というもののすさまじさをはじめて体感するのでした。

 先陣を申し出た左京進は、意気揚々と、父、左京介に「兜首をあげました!」と報告します。その勇猛をほめられると思いきや、そんな左京進を、左京介が一喝。「官兵衛の働きがなければ、そちの首が飛んでいたわ!
 左京進は、その父の言葉に落胆して、官兵衛をにらみつけ、「余計なことを」と毒ずくのでした。

 これ以降、官兵衛と左京進はいたるところで敵対することになります。官兵衛の敵役の登場です。演じるは金子ノブアキ。さあ、これから敵役としてどんな憎々しい演技を見せてくれるでしょう。楽しみにしておきたいと思います。

kanekoのぶあき


 場面は、合戦の数日後、官兵衛と官兵衛の幼なじみ「おたつ」(南沢奈央)が、2人で海岸を歩いているところに移ります。

              第2回放送「忘れえぬ初恋」-26.1.12ー(その③)に続く





 黒田官兵衛に関する本の紹介

 NHK大河ドラマ「軍師 官兵衛」のストーリー(前半 第1回~第21回まで)がダイジェストで解説された雑誌を2冊紹介しましょう。私も上の記事を書くのに、大いに参考にしています。特にインタビュー記事が楽しいですね。

☆ 1冊目は、東京ニュース通信社発行「TVガイド特別編集 軍師 官兵衛ーストーリーダイジェスト&登場人物詳細関係図ー」(平成26.2月発行)
 ◇ 登場人物詳細関係図 ◇ ストーリーダイジェスト ◇ キャストインタビュー が充実しています。


ストーリーダイジェスト(小)

ストーリーダイジェスト目次(小)

 この本をアマゾンで買おう。
  ↓ ↓ ↓ ↓
[NHK大河ドラマ] 『軍師官兵衛』完全ガイドブック (TOKYO NEWS MOOK 397号)[NHK大河ドラマ] 『軍師官兵衛』完全ガイドブック (TOKYO NEWS MOOK 397号)
ニュース企画

東京ニュース通信社 2013-12-20
売り上げランキング : 4113

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


☆ 2冊目は、NHK出版の「NHK大河ドラマ・ストーリー 軍師 官兵衛(前編)」(平成26.1月発行)
 ◇ 配役紹介&インタビュー ◇ 岡田准一×谷原章介対談 ◇ 前半のあらすじ ◇歴史特集「ドラマの時代」が充実しています。


ドラマストーリー(小)

 この本をアマゾンで買おう
 ↓ ↓ ↓ ↓

軍師官兵衛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)軍師官兵衛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
NHK出版

NHK出版 2013-12-20
売り上げランキング : 118

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 軍師官兵衛-NHK大河ドラマ-プラットホーム All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。