ダイフルカン

第3回放送「命の使い道」-26.1.19ー(その③) - 軍師官兵衛-NHK大河ドラマ-プラットホーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ

第3回放送「命の使い道」-26.1.19ー(その③)

第3回放送「命の使い道」-26.1.19ー(その②)から続く

■ 稲葉山城攻略

 ドラマは官兵衛の「」と、のちに官兵衛とおおきなかかわりを持つことになる信長、秀吉、半兵衛の「」をシンクロさせながら続きます。

 官兵衛が初恋の痛手から立ち直れないでいるその頃、美濃では、酒色に溺れ、佞臣(ねいしん)を近づけ、賢臣を遠ざけて、領国の経営を省みようとしない主君、斎藤龍興をいさめようと、竹中半兵衛(演:谷原章介)が、わずか十数名の手勢で稲葉山城を乗っとりました。
 城に上がっている弟に急病を装わせ、その見舞いと称して長櫃(ながびつ)の中に武具を隠しもって城内に入ると、その武具を身に着けて、反乱を起こしたのです。
 城内で酒色に溺れている龍興に、抗うすべはありません。稲葉山城は簡単に半兵衛の手に落ちたのでした。

 これを伝え聞いた秀吉。さっそく、信長にご注進です。
 信長は、この半兵衛の行動をおもしろがり、「稲葉山城をこの信長に渡すなら、美濃半国をくれてやる。そう、半兵衛に申せ」と、秀吉を稲葉山城に走らせます。
 秀吉に命じながら、お濃のいる弓場に向かって足早に歩いていると、向こうから信長の実母、土田(どた)御前がやってきました。
 「これは母上。息災にてなにより
 「おまえは鬼だ!
 土田御前は、実の弟、信行を自らの手にかけた信長がどうしても許せないのでした。

■ お濃登場

 弓場にはキリリと袖を絞って、弓を構えているお濃(演:内田有紀)がいます。
 「竹中半兵衛が謀反に及んだのは、酒色に溺れた我が甥、斎藤龍興をいさめるため。城を素直に明け渡しましょうか
 「竹中半兵衛が利に釣られ、城を明け渡すならそれでよい。もし、義にこだわり、わしの誘いを断るならもっとおもしろい
 「義、でございますか
 「義に生きる男など、この乱世、めったにおらぬ。古びて用をなさず、腐りきったものをすべて叩き壊し、新たな世界を作る。それがわしの義だ
 そういいながら、信長は弓を構えているお濃の後ろに立ち、お濃の弓矢をしっかり支えて引き絞り放つと、矢は見事に的の中心を射抜いたのでした。
 この場面、いい絵になっていましたね。
 どうも、シナリオを読んでいると、当初は寝そべっていた信長がむっくりと体を起こし、これらの言葉を吐く設定になっていたようですが、二人して弓を射る昨夜の場面のほうが、信長とお濃のこれからの関係をうかがわせ、キリリとしていい味に仕上がっていたと思います。

お濃
  (「NHK大河ドラマ軍師官兵衛ストーリー」の挿入写真からパチリ)

■ 斎藤三代

 ところで、斎藤龍興。斎藤道三の孫にあたります。蝮(まむし)の道三こと斎藤道三は、僧侶から油商人を経て、遂には美濃1国を領するまでに立身します。
 しかし、引退後、あとを継いだ斎藤義龍とそりが合わず、義龍を廃嫡しようとして敗れます。そして、道三は実の息子、義龍に殺されるのです。
 信長の正室、お濃は道三の子です。道三は義龍に破れ、死に臨んで美濃を信長に譲ると遺言したといいますが、果たしてこれは真実かどうかわかりません。
 龍興は義龍の子どもですが、これがなんとも不甲斐ない武将なのでした。領国の経営に身を入れず、美濃三人衆などの功臣を遠ざけ、酒色に溺れる毎日を送っていたといわれています。
 見るにみかねた竹中半兵衛が、龍興を改心させるために、稲葉山城を占拠し、その半年後に龍興に返しますが、龍興の素行は改まることはありません。
 龍興に愛想をつかした美濃三人衆の離反を招き、稲葉山城は信長の手に落ちたのでした。
 龍興はその後、伊勢長島に逃れ、一向一揆と結んで信長包囲網の一翼を担います。のち、朝倉義景のもとに身を寄せますが、遂には信長に敗れた義景ともども戦死をとげたといわれています。
 まさに、美濃も乱世の真っ只中にあったのです。

■ それからの官兵衛

 話は官兵衛に戻ります。このように時代が変転する中にあって、官兵衛は相変わらず、おたつのことが忘れられず、近習としての仕事にも身が入りません。
 官兵衛の顔からは笑顔もすっかり消えうせて、いつもボーッとしています。
 善助や武兵衛が、美濃の竹中半兵衛による稲葉城のっとりのことを話題に出しても、聞いているのかいないのか、上の空です。
 そんな官兵衛の姿をみかねて、職隆は孫子の言葉を教訓にだして、官兵衛を諭します。
 「怒りはまた喜ぶべく、憤りはまた悦ぶべくも、亡国はまた存すべからず、死者はまた生くべからず。わかるか官兵衛。怒りや憤りは時とともに消え、また喜びに変わるが、滅んだ国を再び立て直すことはできない。死んだ者は再び生き返ることもない。今のおまえにはわかるまい。今のおまえは黒田家の恥だ!」
 そして、職隆は一計を案じるのでした。

         第3回放送「命の使い道」-26.1.19ー(その④)に続く  





 黒田官兵衛に関する本の紹介

 NHK大河ドラマ「軍師 官兵衛」のストーリー(前半 第1回~第21回まで)がダイジェストで解説された雑誌を2冊紹介しましょう。私も上の記事を書くのに、大いに参考にしています。特にインタビュー記事が楽しいですね。

☆ 1冊目は、東京ニュース通信社発行「TVガイド特別編集 軍師 官兵衛ーストーリーダイジェスト&登場人物詳細関係図ー」(平成26.2月発行)
 ◇ 登場人物詳細関係図 ◇ ストーリーダイジェスト ◇ キャストインタビュー が充実しています。


ストーリーダイジェスト(小)

ストーリーダイジェスト目次(小)

 この本をアマゾンで買おう。
  ↓ ↓ ↓ ↓
[NHK大河ドラマ] 『軍師官兵衛』完全ガイドブック (TOKYO NEWS MOOK 397号)[NHK大河ドラマ] 『軍師官兵衛』完全ガイドブック (TOKYO NEWS MOOK 397号)
ニュース企画

東京ニュース通信社 2013-12-20
売り上げランキング : 4113

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


☆ 2冊目は、NHK出版の「NHK大河ドラマ・ストーリー 軍師 官兵衛(前編)」(平成26.1月発行)
 ◇ 配役紹介&インタビュー ◇ 岡田准一×谷原章介対談 ◇ 前半のあらすじ ◇歴史特集「ドラマの時代」が充実しています。


ドラマストーリー(小)

 この本をアマゾンで買おう
 ↓ ↓ ↓ ↓

軍師官兵衛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)軍師官兵衛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
NHK出版

NHK出版 2013-12-20
売り上げランキング : 118

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 軍師官兵衛-NHK大河ドラマ-プラットホーム All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。