ダイフルカン

第3回放送「命の使い道」-26.1.19ー(その⑤) - 軍師官兵衛-NHK大河ドラマ-プラットホーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ

第3回放送「命の使い道」-26.1.19ー(その⑤)

第3回放送「命の使い道」-26.1.19ー(その④)から続く

さっちゃん:荒木村重(→紹介ページ)を演じるのはどんな俳優なん? ドラマ「軍師官兵衛」で、荒木村重がそんなに大事な役どころなら、さぞかし名のある俳優が演じるんやろね。それとも期待の新人とか。

かわず:さっちゃん、覚えてへんかな? 去年の夏に一緒に観にいった福山雅治主演の「真夏の方程式」。あの映画にも出てたで。

さっちゃん:えっ、ホンマ。どんな役で? 

かわず:杏の父親は前田吟が演じてたけど、本当の父親は別にいてたやろ。それを演じたのが田中哲司や。画面にはあんまり出てこなんだけどな。田中哲司は、最近、テレビや映画にようでてる。貴重な脇役なんや。数年前に上映されたあの「八日目の蝉」にも出てたし、今年の日本アカデミー賞で数々の優秀賞を受賞した「そして父になる」でも重要な役回りを演じてた。ほん最近、テレビで放映された「松本清張ドラマスペシャル・三億円事件」にも出てたで。


てつじtanaka

さっちゃん:へえ、そうなんや。そんな俳優さんやったら期待大やね。

かわず:ホンマになあ。荒木村重いう武将は、ひとかたならん人生を送った人なんや。池田の地侍の子に生まれて、そのときの主、池田勝正を追放し、茨木城にいた足利義昭の側近中の側近、和田惟政を破り、続いて伊丹親興をも追放して、数年の間に摂津30数万石の主におさまった。
 三好三人衆についたかと思うと、彼らに将来はないと判断して信長に組し、信長の酷薄さ、非情さを嫌気して、石山本願寺と毛利氏に組し、信長に反乱を企てた。
 ほんで、信長に勝てないとみると、妻、子や有岡城の城兵を見捨てて単身毛利に逃れ、自分だけが助かる道を選んでる。晩年は「道糞」などと称して、自らを卑下したかと思うと、利休七哲と呼ばれるほどの茶人になり、秀吉のお伽衆を務めたりしてる。
 有岡城の脱出だけをとらえると、なんと卑怯未練な武将やとみられがちやけど、村重は人質を殺したことがない。有岡城に籠城したとき、人質のようなもんやった明智光秀の娘(村重の子、村次の妻)を離縁して里に帰してるし、高山右近が信長に下っても、右近から人質としてとっていた右近の妹たちも父親の元に返してる。官兵衛もそう。殺そうと思えばいとも簡単にそうできたのに殺しはしなかった。 いったい、どれが本当の村重で、どれが嘘者なんかようわからん。ホンマ、毀誉褒貶の定まらん武人なんや。
 田中哲司は、そんな武人を演じることになる。これは相当に難しいで。田中哲司もそこんとこはよう心得てて、インタビューにこんな風に答えてる。ちょっと読んでみよか。

 「荒木村重は、刀を抜かずに山賊たちを倒してしまうめっぽう強い流れ者として、官兵衛たちの前に現れます。村重は最初、豪快に笑う、元気いっぱいの男です。そんな彼が織田信長に仕官を願い出るシーンの撮影は、僕自身、とても楽しみにしています。それは、かって大河ドラマ「太閤記」で描かれていた、信長が刀に刺したまんじゅうを村重が食らう場面。初めて信長を前にした村重の緊張や、出世を目指す彼の野心などを表現したいと思っています。
 しかし村重は、やがて信長が期待していた手柄があげられなくなると、徐々に目つきや態度が変わり、彼のトレードマークだった笑顔も消えていきます。台本を読んで、その村重の心の揺れをどう演じようかと考えています。そのときの彼の精神状態の危うさは想像以上で、仕事がうまくいかなくなったときに、精神的に追い詰められる現代人と似たような心境だったのではないかと思っています。
 村重は信長に謀反を起こしたあと、仲がよかった官兵衛を有岡城に幽閉したあげく、最愛の妻であるだしをはじめ家臣を置き去りにして城から逃げ出します。普通に考えたら、戦国時代の武将としては考えられない、男らしくない行動ですよね。台本でどう描かれているかで、この作品における村重の人物像が浮かび上がってくると思うので、今はいろいろと想像しながら役を探っているところです。
 村重は、戦国の世を生きのびたあと、千利休の弟子となり茶人として復活します。散っていった武将たちに比べると、異質な存在といえます。むしろそれが、村重という人物の魅力だと僕は感じています


 田中哲司には、ドラマの中で、是非に陰影の濃いい存在感を示してほしいね。

荒木an
   (「NHK大河ドラマ軍師官兵衛ドラマストーリー」に掲載の写真をパチリ)

さっちゃん:あんたのいうこと聞いてたら、そのドラマ、私も見たなってきたわ

かわず:せやろ。ほなら、今度の日曜、湯豆腐でもつつきながら一緒に観よか。

さっちゃん:ああ、残念。今度の日曜は友達と会わなあかんねん。ねえ、ビデオに撮っといて」

          第3回放送「命の使い道」-26.1.19ー(その⑤)に続く            




 黒田官兵衛に関する本の紹介

 NHK大河ドラマ「軍師 官兵衛」のストーリー(前半 第1回~第21回まで)がダイジェストで解説された雑誌を2冊紹介しましょう。私も上の記事を書くのに、大いに参考にしています。特にインタビュー記事が楽しいですね。

☆ 1冊目は、東京ニュース通信社発行「TVガイド特別編集 軍師 官兵衛ーストーリーダイジェスト&登場人物詳細関係図ー」(平成26.2月発行)
 ◇ 登場人物詳細関係図 ◇ ストーリーダイジェスト ◇ キャストインタビュー が充実しています。


ストーリーダイジェスト(小)

ストーリーダイジェスト目次(小)

 この本をアマゾンで買おう。
  ↓ ↓ ↓ ↓
[NHK大河ドラマ] 『軍師官兵衛』完全ガイドブック (TOKYO NEWS MOOK 397号)[NHK大河ドラマ] 『軍師官兵衛』完全ガイドブック (TOKYO NEWS MOOK 397号)
ニュース企画

東京ニュース通信社 2013-12-20
売り上げランキング : 4113

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


☆ 2冊目は、NHK出版の「NHK大河ドラマ・ストーリー 軍師 官兵衛(前編)」(平成26.1月発行)
 ◇ 配役紹介&インタビュー ◇ 岡田准一×谷原章介対談 ◇ 前半のあらすじ ◇歴史特集「ドラマの時代」が充実しています。


ドラマストーリー(小)

 この本をアマゾンで買おう
 ↓ ↓ ↓ ↓

軍師官兵衛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)軍師官兵衛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
NHK出版

NHK出版 2013-12-20
売り上げランキング : 118

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 軍師官兵衛-NHK大河ドラマ-プラットホーム All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。