ダイフルカン

黒田家とその家臣団(男ども) - 軍師官兵衛-NHK大河ドラマ-プラットホーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ

黒田家とその家臣団(男ども)

■ 黒田家とその家臣団

 ここで、これまで、弟1回から第3回までに出てきた黒田家とその家臣団(男ども)をまとめておこう。

◇ 黒田重隆(演:竜雷太)ー官兵衛の祖父(→コチラ

 近江から播磨に流れて(黒田家の出自には異説あり→コチラ)、広峯神社の御師(おし:諸国に五穀豊穣、安全祈願の神社のお札を売って歩いた集団)たちに、黒田家の眼疾の秘伝薬「玲珠膏」を一緒に売ってもらい、得た金を百姓たちに低利で貸し付けて財をなし、姫路に黒田家の礎を築いた人物。
 放送第3回目に、藤村志保のたったの1行のナレーションで死んでしまったよ。 


竜雷太

◇ 黒田職隆(演:柴田恭平)ー官兵衛の父(→コチラ

 小寺家に臣従してその能力を発揮。家老まで累進した。官兵衛のよき相談相手。
 早くに官兵衛に家督をついで引退したが、官兵衛が秀吉について各地を転戦するようになると、姫路城にあって、黒田家の中心として家臣団の結束を図った。
 官兵衛が有岡城に幽閉され、裏切ったと誤解した信長によって、人質の松寿丸を殺せの指令が出され、てっきり松寿丸が殺害されたと皆が悲しんだときにも、小寺政職が毛利に走ったときにも、家臣団をまとめて秀吉に臣従を誓った。

 柴田恭平には、「それがし」とか「なになに」とかの「」や「」の助詞を、少し高めに発音する癖みたいなものがあるね。チト気がかりです。

柴田恭兵

◇ 黒田(小寺)休夢(演:隆大介)

 職隆の弟、官兵衛の叔父。僧形だが、勇猛果敢な黒田武士。第2回目の官兵衛の初陣の折には、あやうく殺されかけた官兵衛を身を呈して助けた。
 職隆のそばにあってよき相談相手、官兵衛のよき理解者だった。長生きして、晩年は秀吉のお伽衆を務めたという。ひょっとすると、同じく晩年、秀吉のお伽衆となった荒木村重とは知り合いだったかも。
 大河ドラマでは「峠の群像(役:浅野内匠頭)」「翔ぶがごとく(役:江藤新平)」「平清盛(役:朧月)」などに出演しているね。

隆大助

◇ 井出友氏(演:飯田基祐)

 同じく職隆の弟。官兵衛の叔父。ネタバレになるが、第5回、赤松家との最後の決戦、青山の戦いであえなく討ち死に。
 大河ドラマでは、これまで「新選組!(役:尾形俊太郎)」「風林火山(役:芦田信守)」に出演。

井出友氏

◇ 栗山善助(演:濱田岳)
 
 のちの黒田家の筆頭家老。黒田二十四騎の一人。詳しくは(→コチラ

◇ 母里小兵衛(演:塩見三省)

 職隆の時代から黒田家を支え、官兵衛の傳役(もりやく)を務めた。第2回目では、官兵衛が小兵衛の目を盗んで、赤松領内に、母、いわの薬草を取りにいき、赤松久秀に捕らえられたときには、腹を切って職隆にわびようとして、いわにとめられたね。根っからの律義者だ。
 第5回、赤松家との青山の戦いで戦死する。
 
 これまで、NHK大河ドラマでは、獅子の時代(役: 薩摩藩留学生)、独眼竜政宗(役: 大内長門)太平記(役: 高師泰)、炎立つ (役: 安倍良照・母礼)、義経(役:覚日律師)に出演した。

 映画では、宇宙兄弟(2012年)、アウトレイジ ビヨンド(2012年)、北のカナリアたち(2012年)、真夏の方程式(2013年)などに出演している。
 味のあるいい役者だね。
 
 塩見三省さんは、軍師官兵衛の出演についてインタビューに答えて、こんな風にいっている。

 「自分も年齢を重ねてわかってきたんですが、人間って意外と、歳をとるほどシンプルな感情に戻っていく。その実感を小兵衛に重ねて、今までの自分にはない芝居をやってみようと、冒険しているんです。(青山の戦いで)官兵衛のために討ち死にすることについても、シンプルに考えようと思っています。 戦国のあの時代は、主君のために働いて死んでいくことが、特別なことではなかった。ならば演じる僕も、余韻を残さず、すがすがしく死んでいけばいいのではないかと。演出家とも、これまでにはないような死に方をしようと話しています。あえてあっさりと死ぬことで、人間が生まれて死ぬ意味について、思いをめぐらせてもらえるのではないかと思うんです。年齢的にも、殺陣と馬をやるのはきっとこれが最後の機会。宝物のような経験になるんじゃないかと楽しみにしています
 (「NHK大河ドラマ軍師官兵衛ストーリー」から)

 第5回の放送が楽しみだ。

母里小兵衛(塩見三省)②

◇ 母里武兵衛(演:永井大)

 母里小兵衛の子。官兵衛の幼馴染。子どもの頃は腕白でマイペースの官兵衛に振り回されることも多かったが、官兵衛の成長とともに官兵衛の頼れる側近として成長していく。
 第3回目の堺への鉄砲の購入では、砂金を肌身離さず、経理担当としてしっかりしたところを見せる。
 黒田家の侍女、お国(なんとお国役はあのショコタン→コチラ)を見初め、お国と祝言の約束を交わした直後の赤松家との青山の戦いで憤死。壮絶な最後を遂げた。
 大河ドラマは初出演。
 永井大さんのインタビュー記事がいい。全文を紹介しよう。

 「自分の命を犠牲にして官兵衛を守った。それが母里武兵衛です。主君のために働くのが当然の時代とはいえ、自分だったらとっさに命を投げ出せるかというと、非常に難しい。武兵衛はそれを体現した、本当の意味でカッコいい男だと思います。
 そんな役どころだからか、岡田准一君は僕に優しいんですよ(笑)。ふと近寄ってきて、たあいのない話をしたり、さりげなく気遣ってくれる。この人に尽くそうと思えるんです。演じる側が本当に役の感情にならないと見る人に伝わらないといつも思っていますが、まさにその感情づくりに岡田君が協力してくれているんです。だから殿と家臣という関係でも、ときにはお互いに肩の力が抜けるような、幼馴染だからこその空気も出ているのではないかと思っています。
 あとから家臣になる栗山善助との関係も面白いですね。年長の武兵衛のほうがやりこめられて、ムキになって怒ったりするところなどは、それを見て笑っている官兵衛も含め、すごく愛らしい。この3人の関係が濃くなるほど、武兵衛の死はより切なく映るのではないでしょうか。
 大河ドラマに出演するのは初めてです。馬に乗るシーンが少しあるんですが、しっかり乗馬の練習をさせてもらえたり、ワンシーン、ワンカットを大切に作っているんだなと、肌で感じています。だからというわけではないですが、僕たちも真剣に演じています。むちゃなことをしようとする殿をとめるシーンなどは、抵抗する岡田君の力があまり強くて、僕のカツラが飛んだほど。こんなふうにとことん本気で役にぶつかり、死んでからも皆さんの心に残る武兵衛を演じていきたいと思います

   (「NHK軍師官兵衛ドラマストーリー」から引用)

母里武兵衛(永井大)②

                       (次に紹介するのは黒田家の女子ども)




歴史発見 Vol.1 2014年 01月号 [雑誌]歴史発見 Vol.1 2014年 01月号 [雑誌]

学研マーケティング 2013-12-05
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





 黒田官兵衛に関する本の紹介

 NHK大河ドラマ「軍師 官兵衛」のストーリー(前半 第1回~第21回まで)がダイジェストで解説された雑誌を2冊紹介しましょう。私も上の記事を書くのに、大いに参考にしています。特にインタビュー記事が楽しいですね。

☆ 1冊目は、東京ニュース通信社発行「TVガイド特別編集 軍師 官兵衛ーストーリーダイジェスト&登場人物詳細関係図ー」(平成26.2月発行)
 ◇ 登場人物詳細関係図 ◇ ストーリーダイジェスト ◇ キャストインタビュー が充実しています。


ストーリーダイジェスト(小)

ストーリーダイジェスト目次(小)

 この本をアマゾンで買おう。
  ↓ ↓ ↓ ↓
[NHK大河ドラマ] 『軍師官兵衛』完全ガイドブック (TOKYO NEWS MOOK 397号)[NHK大河ドラマ] 『軍師官兵衛』完全ガイドブック (TOKYO NEWS MOOK 397号)
ニュース企画

東京ニュース通信社 2013-12-20
売り上げランキング : 4113

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


☆ 2冊目は、NHK出版の「NHK大河ドラマ・ストーリー 軍師 官兵衛(前編)」(平成26.1月発行)
 ◇ 配役紹介&インタビュー ◇ 岡田准一×谷原章介対談 ◇ 前半のあらすじ ◇歴史特集「ドラマの時代」が充実しています。


ドラマストーリー(小)

 この本をアマゾンで買おう
 ↓ ↓ ↓ ↓

軍師官兵衛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)軍師官兵衛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
NHK出版

NHK出版 2013-12-20
売り上げランキング : 118

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 軍師官兵衛-NHK大河ドラマ-プラットホーム All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。