ダイフルカン

荒木村重① - 軍師官兵衛-NHK大河ドラマ-プラットホーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ

荒木村重①

■ 荒木村重

 荒木村重といえば、三木合戦(織田方についていた東播磨の別所長治が毛利と通じ信長に背いて籠城したため、秀吉らがその居城である三木城を攻めた戦)の最中に突如信長を裏切り、説得にやってきた官兵衛を1年余りの間、村重の居城である有岡城の地下牢に幽閉したことで有名です。
 
荒木村重


 官兵衛は有岡城落城とともに救い出されますが、狭く不潔極まりないこの獄舎での生活で足が萎え、それからは戦場を自由に駆け巡ることもままならず、輿か戸板での移動を余儀なくされたのでした。
 ドラマ「軍師官兵衛」では、本能寺で信長が明智光秀に討たれるあたりまでが、前半部を構成することになるだろうと想像されますが、その中でもこの三木城攻略や1年あまりの有岡城での幽閉生活は、物語の大きな山場になるだろうと思います。

■ 「月の武将 黒田官兵衛」の荒木村重

 また、上田秀人の「月の武将 黒田官兵衛」(→本紹介ページ)によれば、毛利か織田どちらに組するか悩んだ官兵衛の主君小寺政職は、どちらとも誼を結んでおこうと考え、信長に与力することを強く勧める官兵衛に織田方との接触を命じます。そこで、当時、織田方に何の伝ももたなかった官兵衛は、摂津の荒木村重を頼ったのでした。
 これは史実かどうかはわかりません。大河ドラマ「軍師官兵衛」はオリジナルシナリオで作られますが、もし、NHKが上田さんの考えを採用するならば、荒木村重はドラマの前半部初めから、大変、重要な役回りをすることになります。

 サイト「触れるもの皆もえ」は、ハンドルネーム「hi-mana」さんのおもしろ書評ブログですが、「月の武将 黒田官兵衛」の項に次のような感想を寄せています。引用します(
→掲載ページ)。
 

 黒田官兵衛の半生を描いた作品。一冊に渡って、小寺家時代から本能寺の変が起こった直後までの時系列を追いかけています。
 全体としてはさらっと読めてしまう感じのお話なのですが、官兵衛と言う人が他の多くの著書で、良くも悪くも彼の軽率さなどの欠点を特徴として描かれていることが多々であるのに対して、そう言う面が殆ど描かれなかったところがちょっと新鮮で面白かったです。思いかえせば、官兵衛に癖がなさ過ぎて新しい感じでした。無論主人公なので色々よいしょはされているのですが、すごく普通の人で吃驚しました
 と言うことで、お話としては物語が濃いわけではありません。しかし、この官兵衛の癖のなさが逆に面白く読めました。あと、官兵衛の半生は結構苦労が多いのですが、その苦労の元である小寺政職や荒木村重との対峙の仕方も、目新しいものを感じました。良くあるのは、官兵衛が彼らに迷惑を掛けられながらも好意や憐れみは持ち続けると言うスタンスなのですが、この本では官兵衛、蛇蝎のように軽蔑しています。政職や村重にこんなにきつく当たる官兵衛をはじめて見たわ・・・!と言う風に、何だか読みながら興奮してしまいました
 特に有岡城での村重とのは凄く萌えました。理想ではないんだけど、こういうのも面白いなぁと言う感じで。檻に入っているのは官兵衛で、村重が彼を捕らえているわけなのですが、力関係は完全に官兵衛の方が上なのです。もう官兵衛の村重への責めっぷりが凄くてどきどきしました。寝返ってくれ、という村重殿を鼻でせせら笑うみたいな・・・・。もう責めか攻めか判らんがね!とか読んでいて取り乱しました。(落ち着いて)
 ちなみにこの本の村重殿は、毎日官兵衛の元に行くのです(ポイントです)。 その中で、色々な会話の描写があるのですが、そう言うのが色々と面白かったです。


 思わず笑わずにはおられない書評ですね。こういう本の読み方はホントにおもしろい。私は気にいっています。

■ ドラマでの荒木村重は?

 それはさておき、荒木村重はドラマの前半部でかなり重要な役どころを占めそうです。その村重。大河ドラマではどのように描かれ、誰が演じるのでしょうか。
 その予想をするためには、もう少し村重の一生やひととなりを見ておく必要性がありそうです。調べてみると、村重には不可思議な行動が目立ちます。思わず、なぜ?なぜ?と思ってしまいます。
 書き出すと長くなりそうなので、それは次回に。

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 軍師官兵衛-NHK大河ドラマ-プラットホーム All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。