ダイフルカン

櫛橋家の人々 - 軍師官兵衛-NHK大河ドラマ-プラットホーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ

櫛橋家の人々

■ 櫛橋家の人々

 NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」に出てくる櫛橋家の人々を整理しておきましょう。

◇ 櫛橋左京亮(さきょうのすけ)(演:益岡徹)

 志方城 櫛橋家の当主。左京進、力、光の父親。小寺政職のいとこで政職の信頼が厚い。御着城内の重臣には、黒田職隆や官兵衛を「目薬屋」と呼んで揶揄、侮蔑する者も多かったが、左京亮は、黒田親子の働きを素直に認め、公平な目をもった人物として描かれています。

 光が官兵衛に嫁いでからは、官兵衛のよき理解者、後ろ盾となりました。官兵衛が荒木村重に会いにいっている間に病没してしまいます。

 演じる益岡徹さんは、翔ぶが如く(役: 村田新八)、毛利元就(役: 児玉就忠)についで3回目になります。

櫛橋左京亮
 

◇ 櫛橋左京進(演:金子ノブアキ)
 
 左京亮の嫡男。左京亮が死んでのちは家督をついで志方城主となります。若いときは、官兵衛と同じく小寺政職の近習をつとめますが、官兵衛のことを「目薬屋」と侮りさげすんでいます。
 官兵衛と妹、力の縁談が持ち上がったときには猛反発。兄の讒言で力も官兵衛に嫁ぐぐらいなら尼になるといいだすなど、徹頭徹尾、官兵衛を忌み嫌い、父、左京亮を困らせます。
 
 もう一人の妹、光が官兵衛に嫁ぎ、義兄弟となってからも関係は改善せず、小寺家が毛利方につくべきか、織田方につくべきかの選択をせまられたときには、織田につくべきだとの官兵衛に真っ向から対立、官兵衛の意見が通ったことに深い恨みをいだきます。
 
 また、力が嫁いだ上月城を官兵衛が攻め落としたことにも深い遺恨を残し、終生、その恨みを消すことなく、播磨攻略が織田方に軍配があがり、志方城を包囲された左京進は、城兵の救済を条件に自害するという悲惨な末路をたどることになります。

 史実上、右京亮がここまで、徹頭徹尾、官兵衛に遺恨を抱き、反発したということはありませんが、ドラマでは、このように徹底した官兵衛の敵役として演出することで、官兵衛の存在をより浮かび上がらせようとしているんでしょうね。

 この点、左京亮役の金子ノブアキさんはどうみているのでしょう。インタビューの中から引用します。
 

 ある意味、左京進はまっすぐすぎて不器用な男なんですよ。左京進にとって小寺一族は本当に大切なもので、その一族をよそ者の黒田家がむちゃくちゃにしたという思いがあるんです。左京進は、その憤りを包み隠したりしません。戦乱の張り詰めた空気の中でも、家族と顔をあわせると、子どもみたいに「あの目薬屋め」と、官兵衛に憎まれ口をたたくわけです。そんなところは人間くさいなあと感じますね。
 左京進は光の兄で、やがて光と結婚した官兵衛の義兄になるのですが、官兵衛とはわだかまりはとけずに最後まで対立します。唯一の救いは、官兵衛に嫁いだ妹の光とは良好な関係であり続けるということですね。光には無償の愛を注ぎ続けます。そんなゆがんだ愛の形をみせるヒール役の左京進ですが、実際に生きていらっしゃった方ですから、冒涜にならないよう心して演じたいと思います。

  (「軍師官兵衛完全読本」から)

 金子ノブアキさんは、NHK大河ドラマ初登場。それも、官兵衛の敵役という重要な役どころです。観ててイライラするような小憎らしい敵役、左京進を演じてくれることを期待しましょう。

櫛橋左京進

◇ 力(演:酒井若菜)

 左京亮の長女、光の姉。はじめは政職と左京亮から官兵衛の妻になるよう求められますが、左京進から官兵衛の悪い噂を聞いて、「官兵衛の妻になるぐらいなら尼になってやる!」 とだだをこねます。 
 うそをつくときは、鼻をむずがらせるのですぐにバレてしまいます。
 のちに、上月城の上月景貞に嫁ぎ、景貞が毛利方についたときには、夫の意を受けて、光に官兵衛にも毛利につくよう説得するよう頼んだりします。
 しかし、結局、光とは敵味方に別れ、上月景貞は官兵衛に攻められ、譜代の家臣の裏切りにあい、殺されてしまいます。力と娘たちは官兵衛に救われますが、ほどなく出家し、子らは光に託されるのでした。

 酒井若菜さんは、力を演じるにあたってこんなことをいっていますね。

 今回は、中谷美紀さんが演じる光の姉、力を演じます。実年齢でいうと、私は中谷さんより年下なので戸惑いましたが、年齢設定よりもキャラクター性を重視したキャスティングをしているとうかがい、興味深く思って出演をお引き受けしました。
 力を演じるにあたっては、作中の力がきちんと史実に基づいた人物像だとうかがいましたので、とにかく台本を信じて演じています。複雑な環境で生きていた力の運命には、演じていて胸が打たれるばかりですね。

(「軍師官兵衛完全読本」から)

 中谷美紀さんとは年齢差は4歳。逆転はしていますが、許容範囲かな。NHK大河ドラマは2回目で、龍馬伝(役:お徳)に出演しています。

力

◇ 光(演:中谷美紀)
 
 左京亮の次女。いわずとしてた官兵衛の妻。(→コチラ

■ 史実上の櫛橋家

 櫛橋家は、ドラマでは上に書いたような設定になっていますが、史実とは若干異なるようです。ウィキペディアによると、播磨国志方城主、櫛橋伊定には5人の子どもがいたとされています。上から櫛橋伊則、櫛橋則政、上月景貞室(妙寿尼)、黒田官兵衛室(光)、井上之房室。

 櫛橋家は、1578年(天正6年)3月、播磨国の別所長治が殆どの周辺豪族を引き込んで信長に反旗を翻すと、これに呼応して信長に敵対。
 しかし同年7月、志方城は織田信雄の兵に包囲され、出撃を数度繰り返すも被害は大きく、別所氏の神吉城が落とされると、同年8月10日に父・伊定は人質を出して兵士たちの助命を条件に自害した。
 兄らは許されて、後に黒田氏に仕えた、とされています。

sikata上
                    観音寺(志方城跡地)


いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 軍師官兵衛-NHK大河ドラマ-プラットホーム All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。