ダイフルカン

第2回 赤穂浪士 - 軍師官兵衛-NHK大河ドラマ-プラットホーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ

第2回 赤穂浪士

◇ 放映期間   1964年(昭和38年)1月~12月(全52回)
◇ 原  作   大佛次郎
◇ キャスト   長谷川一夫、山田五十鈴、林与一、尾上梅幸他

赤穂浪士

■ 概要 

 ご存知、赤穂浪士47士の物語。大衆文学の重鎮、大佛次郎の時代長編大作「赤穂浪士」の題名そのままにドラマ化された。
 第1作 花の生涯は4月から翌3月までの放送だったが、この作品から1月から12月にパターン化された。
 主役の大石内蔵助には、当時の大映の看板役者、長谷川一夫を起用、歌舞伎界や新劇界の大物、歌謡界の人気アイドル(舟木一夫など)までをも起用し、花の生涯を上回る豪華キャストの競演となった。
 視聴率は優に30%を越え、浪士の打ち入りが放映された回には、視聴率53%という大河ドラマ至上最高視聴率をたたき出した。今でもこの記録は破られていない。
 この回以降、赤穂浪士関連の大河ドラマは、3作制作されている。

 第13作  元禄太平記  主演 石坂浩二(柳沢吉保役)
 第20作  峠の群像   主演 緒方 拳(大石内蔵助役)
 第38作  元禄繚乱   主演 中村勘九郎(大石内蔵助役)

■ こぼれ話

 テープは、第7話の松の廊下で浅野内匠頭が吉良上野介に切りつける場面と第47話「討ち入り」しか現存していない。これは、その当時、撮影用のフィルムが大変高価だったために、上映が終わったらこれを消去して使いまわしていたことによる。本当にもったいなく残念なことだね。
 なお、第47話「討ち入り」は、『NHK想い出倶楽部2~黎明期の大河ドラマ編~(2)赤穂浪士」としてDVD販売されている。


         

■ キャストのほんの一部紹介
 

 大石内蔵助 - 長谷川一夫
 妻、りく  - 山田五十鈴
 大石主税  - 中村賀津雄
 浅野内匠頭 - 尾上梅幸
 小野内十内(47士)- 志村喬
 堀部安兵衛(47士)- 加藤武
 矢頭右衛門七(47士)- 舟木一夫
 高田郡兵衛 - 田村高廣
 岡林杢之助 - 大滝秀治
 吉良上野介 - 滝沢 修
 小林平七  - 芦田伸介  他多数

 
 なお、第1作 花の生涯に出演した 淡島千景、西村晃、尾上松緑なども再出演している。

■ 映画「最後の忠臣蔵」

 赤穂浪士を取り上げたテレビドラマ、映画は数え切れないが、最新の映画に「最後の忠臣蔵」(2010年公開)がある。役所広司、佐藤浩市、桜庭ななみなどが出演している。池宮彰一郎の同名小説を映画化したものである。
 この映画がいい。この年は「サムライ・シネマキャンペーン」と題し、「十三人の刺客」「桜田門外の変」「雷桜」「武士の家計簿」が上映され、それぞれにおもしろくはあったが、私は、断然、「最後の忠臣蔵」をトップに置く。
 ストーリーは赤穂事件から16年後のこと。赤穂浪士の生き残り、寺坂吉右衛門(佐藤浩市)が大石内蔵助から「事件の真実を後世に伝え、浪士の遺族を援助せよ」との命を受けて、全国を回り歩く。
 その役目をすべて終えて、浪士の17回忌法要が行われる京に向かう道すがら、寺坂は、恐れをなして討ち入り前夜に遁走したと考えられていた、かっての盟友、瀬尾孫左衛門(役所広司)を偶然町中でみかける。
 しかし、孫左衛門をよく知る寺坂は、孫左衛門が恐れをなして逃げたとはどうしても思えず、孫左衛門の居所を突き止めてその理由を聞こうとするが、孫左衛門は答えない。逆に寺坂に切りかかろうとする。
 実は、孫左衛門にも大石内蔵助から託された密命があったのである。それは、京にいる大石内蔵助の隠し子を育て上げるという使命だった。
 しかし、隠し子、可音(桜庭ななみ)は成人するにつれて、育ての親である孫左衛門に恋心を抱くようになる。孫左衛門も可音がかわいくて仕方がない。しかし、可音は主君から養育を託された子である。懊悩する孫左衛門。わざとつれなくする孫左衛門の仕打ちに打ちひしがれ、反発する可音。
 そんな可音に人形浄瑠璃観劇でみかけた大店の息子が一目ぼれし、是非、嫁にと乞われる。嫌がる可音。心を隠して説得する孫左衛門。
 遂には、可音も、自分が大石内蔵助の娘だと知らされ、その身分、立場に気づかされて、孫左衛門への想いを振り切り嫁入りすることを決意する。
 婚礼の日。内蔵助の密命を果たし終えた孫左衛門は、内蔵助の位牌の前で、可音とのこれまでの出来事を思い出しながら切腹して果てるのだった。

役所広司、赤穂浪士

 いやあ、こうしてストーリーを思い出して書きながら、また、涙が出てきたよ。役所広司もよければ佐藤浩市の演技もピカ一だった。2人とも日本アカデミーで賞をもらってたね。桜庭ななみの演技もよかった。アカデミーで新人女優賞をとったのもうなずける。 
 皆さんも、是非、観てください。

           
  

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ

最後の忠臣蔵

初めておじゃまさせていただきます

数年前、「忠臣蔵」が大河で取り上げられることはもうないんじゃないかという話を何かで読みました
若い人たちは赤穂浪士なんて知らないようです
「最後の忠臣蔵」なんとも意味深な題名ですね
これがほんとうに忠臣蔵の最後の映像化になったりして
日本人が愛した物語も時代の流れに勝てず、なのでしょうか?

2013-05-27 15:23 from 喬木一優 | Edit

トラックバック

wordpress twitter plugin

第2回 赤穂浪士 - 軍師官兵衛-NHK大河ドラマ-プラットホーム

2014-05-26 22:11 from wordpress twitter plugin

garciniacambogiagirl.com

第2回 赤穂浪士

2014-09-09 06:17 from garciniacambogiagirl.com

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 軍師官兵衛-NHK大河ドラマ-プラットホーム All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。