ダイフルカン

織田信長と敦盛 - 軍師官兵衛-NHK大河ドラマ-プラットホーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ

織田信長と敦盛

■ 幸若舞と敦盛

 幸若舞(こうわかまい)は、室町時代に流行した語りを伴う曲舞の一種。中世から近世にかけて、能と並んで武家達に愛好された芸能であり、武士の華やかにしてかつ哀しい物語を主題にしたものが多い。一ノ谷の戦いの平敦盛と熊谷直実に取材した『敦盛』は特に好まれた。


  (幸若舞保存会による「敦盛」)


  (織田信長の敦盛)

 敦盛の話はこうである。
 1184年(元暦元年)(平家方の呼ぶ寿永2年)、源平合戦の「一ノ谷の戦い」において、平清盛の甥で平経盛の子、若き笛の名手でもあった平敦盛は、退却の際に愛用の漢竹の横笛(青葉の笛・小枝)を持ち出し忘れ、これを取りに戻ったため退却船に乗り遅れてしまう。
 敦盛は出船しはじめた退却船を目指し渚に馬を飛ばす。退却船も気付いて岸へ船を戻そうとするが逆風で思うように船体を寄せられない。敦盛自身も荒れた波しぶきに手こずり馬を上手く捌けずにいた。
 そこに源氏方の熊谷直実が通りがかり、格式高い甲冑を身に着けた敦盛を目にすると、平家の有力武将であろうと踏んで一騎討ちを挑む。
 敦盛はこれに受けあわなかったが、直実は将同士の一騎討ちに応じなければ兵に命じて矢を放つと威迫した。多勢に無勢、一斉に矢を射られるくらいならと、敦盛は直実との一騎討ちに応じた。しかし悲しいかな実戦経験の差、百戦錬磨の直実に一騎討ちでかなうはずもなく、敦盛はほどなく捕らえられてしまう。
 直実がいざ頸を討とうと組み伏せたその顔をよく見ると、元服間もない紅顔の若武者。名を尋ねて初めて、数え年16歳の平敦盛であると知る。
 直実の同じく16歳の子熊谷直家は、この一ノ谷合戦で討死したばかり。我が嫡男の面影を重ね合わせ、また将来ある16歳の若武者を討つのを惜しんでためらった。
 これを見て、組み伏せた敵武将の頸を討とうとしない直実の姿を、同道の源氏諸将が訝しみはじめ、「次郎(直実)に二心あり。次郎もろとも討ち取らむ」との声が上がり始めたため、直実はやむを得ず敦盛の頸を討ち取った。
 一ノ谷合戦は源氏方の勝利に終わったが、若き敦盛を討ったことが直実の心を苦しめる。合戦後の論功行賞も芳しくなく同僚武将との所領争いも不調、翌年には屋島の戦いの触れが出され、また同じ苦しみを思う出来事が起こるのかと悩んだ直実は、世の無常を感じるようになり、出家を決意して世をはかなむようになる。(ウィキペディア「敦盛」からの引用)

■ 信長の好んだ敦盛の一節

 直実が出家して世をはかなむ中段後半の一節に、次のような一節がある。

 思へばこの世は常の住み家にあらず
 草葉に置く白露、水に宿る月よりなほあやし
 金谷に花を詠じ、榮花は先立つて無常の風に誘はるる
 南楼の月を弄ぶ輩も 月に先立つて有為の雲にかくれり
 人間五十年、化天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり
 一度生を享け、滅せぬもののあるべきか
 これを菩提の種と思ひ定めざらんは、口惜しかりき次第ぞ


 信長はこの一節のうち「人間50年、化天のうちを比べれば・・・」の部分を特に好み、桶狭間の戦いにおいても、これを口ずさんで出陣した。

 大田牛一「信長公記」にこうある。

 「人間五十年 下天の内をくらぶれば 夢幻のごとくなり 一度生を受け滅せぬ者の有るべきか」
 と候て、法螺ふけ、具足よこせと仰せられ、御物具召され、立ちながら御食まいり、御甲めし候ひてご出陣なさる。」

■ 江口信長の「敦盛」

 NHK軍師官兵衛の第6回「信長の賭け」でも、信長がお濃の鼓で「敦盛」を舞う場面があります。
 信長は岐阜で、足利義昭が信長に対して挙兵するのをまっています。
 しかし、後背では、武田信玄が上洛の兵を挙げ、圧倒的な強さで徳川軍を三方が原で破り、京へと迫ろうとしています。
 
 信玄がくる前に足利義昭の挙兵をまってこれを討てば信長の勝ち、義昭が挙兵しなければ信長は大義名分をなくして滅びるのみ。

 そんな信長にお濃が怖くはないのかと聞きます。

 信長、敦盛を舞ったあとに答えていわく
 「命を賭けての大勝負だ。これ以上、面白いことはない。死のうは一定。人はいずれ死ぬ。わしは自分の命を使い果たしたいのだ」

 ところで、この江口信長の「敦盛」。素人の私が見ても、いかにも下手っぴでしたね。もう少し、ちゃんと練習しろよといいたくなりました。重量感がまったくないという感じ。

 軍師官兵衛、視聴率もどんどん落ちています。私は日曜日に、軍師官兵衛を、NHKBSと総合で2回観ることにしていますが、今回はBSを観ただけでそのあとの総合テレビでは観ませんでした。

 何が問題なのかな? 盛り上がりに欠けるね。残念。


いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 軍師官兵衛-NHK大河ドラマ-プラットホーム All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。