ダイフルカン

軍師黒田官兵衛 その戦略と生涯(別冊宝島2096) - 軍師官兵衛-NHK大河ドラマ-プラットホーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ

軍師黒田官兵衛 その戦略と生涯(別冊宝島2096)

☆ 軍師黒田官兵衛 その戦略と生涯 (別冊宝島 2096) [大型本]

■ 著者: 八幡 和郎 (監修)

 1951年、滋賀県大津市生まれ。作家・評論家、徳島文理大学大学院教授。国土庁長官官房参事官、通商産業省大臣官房情報管理課長などを歴任後、テレビなどでも活躍中。著書・監修本は『本当は恐ろしい江戸時代』『本当は誤解だらけの「日本近現代史」 世界から賞賛される栄光の時代』(ともにソフトバンク新書)、『世界の王室うんちく大全』(平凡社新書)、『江戸三○○藩 最後の藩主』(光文社)、『別冊宝島 戦国武将の通知表』『別冊宝島 幕末藩主の通知表』『別冊宝島 江戸幕府を動かした70人の通知表』(ともに宝島社)ほか多数。

■ 出版社: 宝島社

■ 発行日: 2013-11-19

■ 価格: 880円(税抜き)

■ ページ数: 127ページ

■ 本の内容

 近江源氏の流れを汲むといわれる黒田官兵衛ですが、秀吉の知恵袋であるだけでなく、広島、高松、福岡、姫路、大坂といった戦国の都市づくりに卓越した才能を発揮したという話は、実はあまり知られていません。本誌は他誌では見られない秘蔵の資料とともに、官兵衛の知られざる戦国の都市建築術を明かします。さらに戦略図を交えながら、官兵衛の戦いを分析したり、官兵衛・長政親子の魅力的な人間像を明かします。((
amazonから引用 )

■ 中身拝見(→
コチラ

 この本をアマゾンで買おう。
   ↓  ↓  ↓  ↓
軍師黒田官兵衛 その戦略と生涯 (別冊宝島 2096)軍師黒田官兵衛 その戦略と生涯 (別冊宝島 2096)
八幡 和郎

宝島社 2013-11-19
売り上げランキング : 174396

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 軍師官兵衛-NHK大河ドラマ-プラットホーム All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。