ダイフルカン

上月城(兵庫県佐用郡佐用町) - 軍師官兵衛-NHK大河ドラマ-プラットホーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ

上月城(兵庫県佐用郡佐用町)

■ 上月城

 現在は城跡しか残っていないが、場所は兵庫県作用郡作用町にあった。西側が、当時、毛利に属していた宇喜多直家の支配する備前の国であり、まさに播磨の西端、毛利と境を接する最前線に位置していた。山城である。

 戦国時代、西播磨5郡16万石は、赤松家に属する赤松政範(官兵衛と戦った赤松政秀ではない)が支配していたが、上月城はその赤松政範の居城だった。
 
 しかし、天下布武を旗頭に毛利討伐をもくろむ信長は、この上月城の攻略を秀吉に命じ、政範は毛利、宇喜多氏と同盟してこれに対抗したが、秀吉に破れ自刃した。
 
 その後、上月城を宇喜多直家が奪回、城主に上月景貞をすえた。「軍師官兵衛」では、この上月景貞が力の夫ということになっているが、史実はあきらかではない。

 天正6年(1578年)、秀吉の再度の播磨出兵で、上月城は落城。景貞は討ち死にした。
 
 「NHK軍師官兵衛」では、この戦いに織田方に属していた官兵衛も加わっており、景貞の妻、力と官兵衛の妻、光(てる)が敵味方に分かれて争うことになっている。
 景貞は味方に裏切られての討ち死にだったが、力とその子らは官兵衛の手によって助け出され、力は夫とその家来の菩提を弔うために出家する設定になっている。 
 
 秀吉は奪い返した上月城を、毛利元就によって滅ぼされた尼子一族(尼子勝久、山中鹿之助ら)に守らせたが、毛利が30000余の大軍をもって包囲、秀吉もこれに対抗すべく、信長の出陣を仰ぎ、上月城はまさに毛利、織田双方にとって、決戦の舞台となった。

 しかし、信長は秀吉の出陣要請を拒否。上月城を捨てて、突如、信長に反旗を翻した三木城攻略を命じたために、秀吉らは泣く泣く尼子一党を見捨てた。

 この上月城の戦いは、「ドラマ軍師官兵衛」で、官兵衛と山中鹿之助の交情を交えながら熱く語られる。

上月状地図

上月城跡地
                  (上月城跡)

■ 上月城跡マップ(→コチラ

■ 参考サイト(→
全国の城 上月城

 なお、上月城跡と同じ作用町内に、「NHK軍師官兵衛」のタイトルバックに流れる瀧、「飛龍の瀧」(→
コチラ)がある。




 

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ

トラックバック

ケノーベルからリンクのご案内(2014/02/20 09:30)

佐用郡佐用町エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

2014-02-20 09:30 from ケノーベル エージェント

人気脱毛サロン口コミ

脱毛口コミから人気脱毛サロンを集めた口コミ天国

2014-03-18 10:44 from 脱毛口コミ

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 軍師官兵衛-NHK大河ドラマ-プラットホーム All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。