ダイフルカン

御着城(兵庫県姫路市) - 軍師官兵衛-NHK大河ドラマ-プラットホーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ

御着城(兵庫県姫路市)

■ 御着城

御着城①     御着城②

 御着城(ごちゃくじょう)は、兵庫県姫路市御国野町御着(旧・播磨国飾東郡)にあった城。
 別名は茶臼山城、天川城。城内に山陽道や城下町をとり込んだ惣構えの平城だった。

 赤松氏の一族小寺氏の居城で、1519年(永正16年)に小寺政職(→コチラ)の祖父、小寺政隆が築城したと言われる。
 
 官兵衛は、小寺政職の近習から、父、職隆の家督を継ぎ、御着小寺家の家老となった。
 
 当初、官兵衛の強い説得で織田についた政職だったが、三木の別所長冶の信長離反、続いて摂津の荒木村重の謀反で、小寺家も織田方から毛利に鞍替えした。

 結局、これが災いして、1579年(天正7年)に羽柴秀吉に攻められ落城、廃城となった。

 別所氏の三木城、三木氏の英賀城と並び播磨三大城と称された。

■ 御着城のイメージ

 戦国時代に天守閣をもつ城をはじめて構築したのは信長だったから、御着城は私たちが現在イメージしている城とは印象がかなり異なる。
 
 当時の御着城の支城、姫路城も砦に毛のはえた程度だったというから、これよりは規模は大きいものの、そう大差はなかったのかもしれない。
 
 NHK軍師官兵衛で創作された姫路城を「NHK大河ドラマストーリー 軍師官兵衛(前半)」(→
コチラ)の写真から引用してみる。

 
姫路城現る

 御着城はこれよりもやや城らしく、落ち着いた雰囲気で、いかにも無骨な姫路城とは対照的に創作されている。

go茶苦情イメージ

■ 御着城跡にいくには(→
コチラ

■ 参考サイト

◇ たびたび城たびin兵庫
◇ サイト「
官兵衛ゆかりの地 ~御着城をたずねて




 

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ

トラックバック

ケノーベルからリンクのご案内(2014/02/20 09:25)

姫路市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

2014-02-20 09:26 from ケノーベル エージェント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 軍師官兵衛-NHK大河ドラマ-プラットホーム All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。