ダイフルカン

有岡城(兵庫県伊丹市) - 軍師官兵衛-NHK大河ドラマ-プラットホーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ

有岡城(兵庫県伊丹市)

■ 有岡城の歴史

 まずは、簡単に有岡城を歴史を振り返ってみましょう。その昔は伊丹城といいました。

南北朝時代:伊丹氏により築城。伊丹城と称する。
天正2年(1574年):荒木村重が城を落として大改修。ついで、有岡城と改称。
天正7年(1579年):村重謀反により織田軍に攻められ落城。
天正8年(1580年):池田之助が城主になる。
天正11年(1583年):之助が美濃に転封されることにより、廃城。
明治26年(1891年):鉄道敷設の為、当城東側破壊。
昭和50年(1975年):発掘調査開始。
その後史跡公園として整備され、現在に至る(ウィキぺディア「
伊丹城」から引用)

■ 有岡城と荒木村重

 有岡城は、もともと伊丹氏の居城でしたが、天正2年(1574年)、荒木村重によって城を落とされ、村重は信長の命で、伊丹城を摂津一国の軍事上の中心とすべく大改修を行いました。
 本城・寺町・城下町と町全体を掘と土塁で囲み、北・西・南に砦を配した惣構の城を完成させたのです。この城を村重は有岡城と改名しました。

有岡城
  (有岡城範囲図)

■ 荒木村重の謀反と黒田官兵衛

 ところが、荒木村重は、天正6年(1578年)7月、突然、有岡城にこもって信長に反旗を翻します。なぜ村重がこの時期に反乱をおこしたのは諸説あり、詳細は私のこのサイトの別ページ(→
コチラ)に譲りますが、私は、村重が、三木の別所長治が信長に反旗を翻したことによって、本願寺、毛利、そして摂津の諸領主が結束すれば、信長を倒すことでできると踏んだのではないかと考えます。
 それに、あの部下を道具としてしか考えようとしない信長に、これ以上、臣従はできないとも考えたにちがいありません。
 
 黒田官兵衛は、村重の翻意を促すべく、単身、有岡城に乗り込みますが、地下牢に幽閉されてしまいます。立ち居さえもできないじめじめした場所でした。
 官兵衛は、10ヶ月近くの間、その地下牢に幽閉された後、村重の有岡城脱出、有岡城落城時に救い出されますが、そのときは足はなえ、頭髪は疥癬に蝕まれてみるも無残な姿になっていました。

 その地下牢は、沼沢の近くにあったと考えられていますが、現在では特定することはできません。

 有岡城は、落城後、天正8年(1580年)、池田之助が城主になりますが、天正11年(1583年)、之助が美濃に転封されて廃城となります。

■ 現在の有岡城跡

 有岡城跡は、JR宝塚線の伊丹駅のすぐ西側にあります。改札を抜け、西出口より駅前の道をまたぐように歩道橋が設置されていて、その歩道橋を渡ると、カリヨン広場と名付けられた小さな広場になっています。 「フランドルの鐘」と呼ばれている塔が目につきます。
 有岡城跡は、現在、一部の土塁や石垣、建物跡や井戸跡が残るのみです。

有岡城跡②  有岡城跡③

■ 有岡城跡にいくには(→コチラ

 兵庫県伊丹市伊丹2丁目(JR伊丹駅西側。有岡公園内)

■ 参考サイト

◇ 日本歴史物語「有岡城」
◇ 黒田官兵衛と有岡城

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 軍師官兵衛-NHK大河ドラマ-プラットホーム All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。