ダイフルカン

官兵衛の野望 - 軍師官兵衛-NHK大河ドラマ-プラットホーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ

官兵衛の野望

■ そのとき、おまえの左手は何をしていたのだ!

 この言葉は、官兵衛が密かに天下に野望を抱いていたことを表す言葉として有名ですね。

黒田官兵衛画像

■ 官兵衛と秀吉

 官兵衛は、軍師として秀吉につきしたがい、幾多の戦場をかけめぐりました。連戦連勝、負けというものを知りませんでした。
 そんな官兵衛を、秀吉はこれ以上に頼もしいやつはいないと常に傍らにおき重宝しました。弟の秀長同様、兄弟のようだとさえいったのです。
 しかし、国内が平定されると、秀吉はそんな官兵衛の存在をうとましく思うようになります。あまりにも優秀な部下は上司にとってときに障害となるのです。それに、竹中半兵衛と違って、官兵衛が天下に野望を抱いていることを秀吉は気づいていました。
 その働きからすると、12万石というあまりにも少ない、しかも九州という偏狭の地に領地を与えたのは、秀吉が官兵衛の実力を恐れたからにほかなりません。
 そのことは、官兵衛もよくわかっていました。あるとき、秀吉が側近に「私が死んだ後に天下をとる者はだれと思うか」とたずねると、多くの側近は名だたる大大名の名前を口にしましたが、秀吉を「それは官兵衛である」といったといいます。
 その噂を伝え聞いた官兵衛が、すぐさま家督を息子の長政に譲り隠居したことはあまりにも有名です。
 官兵衛も秀吉という人物のことは知り抜いていました。当初は、この人こそ天下人の器と付き従っていましたが、心は徐々に離れていきます。
 それだけに、官兵衛は秀吉の仕置きを恐れたのです。秀吉がバテレン禁教令を発したときも、高山右近に導かれてクリスチャンとなっていた官兵衛は、いちはやく棄教しますが、これも秀吉の仕置きを恐れたからにほかなりません。

秀吉

■ 関が原の戦い

 しかし、秀吉が死ぬと状況は一変します。天下はまたもや混沌とし始め、戦国時代の再来かと思われました。そして関が原です。
 官兵衛は、自分の時代がとうとうやってきたと思います。徳川方と豊臣方が、関が原で乾坤一擲大勝負にでますが、官兵衛はこの1戦のみで雌雄が決するとは思っていませんでした。また、戦乱の世が始まるとよんだのです。
 息子の長政ほか、九州の諸大名が関が原へと駆けつける中、官兵衛はこれまで蓄えていた私財を投げ打って、瞬く間に9000人近い民兵を募り、がら空きとなった九州を平定します。
 さあ、これから天下に望もうと虎視眈々、中央に目を向けると、なんということ、その天下はたった1日の関が原の合戦で徳川の手の中に落ちてしまいました。官兵衛のよみははずれたのです。
 それからの官兵衛は、いかに徳川のおんために九州を平定する努力をしてきたかの説明に腐心し、長政の関が原の働きもあって、お咎めをうけることはありませんでしたが、心中は複雑だったに違いありません。
 その思いが、長政から、家康が長政の手をとり、「関が原の勝利は長政殿の働きあってこそ」と感謝したという話を聞いたときの冒頭の「そのとき、おまえの左手は何をしていたのか!」という言葉になったのでした。
 きっと、そのとき、官兵衛は苦虫を噛み潰すような顔をしていたに違いありません。

関が原古戦場
                          (関が原古戦場跡地)


いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 軍師官兵衛-NHK大河ドラマ-プラットホーム All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。