ダイフルカン

第8回 秀吉という男(予告) - 軍師官兵衛-NHK大河ドラマ-プラットホーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ

第8回 秀吉という男(予告)

■ 先週のドラマ「軍師官兵衛」

 今日は2月24日(土)。
 明日は軍師官兵衛第8回目「秀吉という男」です。
 前回、官兵衛は、御着城の評定で小寺家100年の大計は信長につくことにありと論陣を張り、政職もこれに同調して、小寺家は信長につくことを宣言。
 官兵衛はさっそく岐阜の信長に小寺家の意思を伝えにいくことになりました。
 そして、ここは岐阜城の大広間。織田家の重臣が居並ぶ中にあって、官兵衛は信長の出座を待ちます。
 やがて、信長があらわれ、官兵衛に一言。

 「おもてをあげよ

 官兵衛、おもてをあげて、信長の顔をしっかりと見ます。
 ここまででしたね。

 さあ、明日の官兵衛はどんな展開になるのでしょう。
 今日は、明日の軍師官兵衛のネタバレです。
 予告なしに軍師官兵衛を楽しみたい方は、以下の文章は読まないほうがいいですよ。

■ 評定にて

  さあ、いよいよ信長以下、織田家の重臣を前にして、官兵衛は小寺家の決定を伝えます。
 「主、小寺政職は織田家にお味方つかまつる所存。いまだ織田家に従わないものの最たるものは毛利。しかるべき大将の下、軍勢を播磨におつかわしください。その折は、われら小寺が喜んで先手をつとめまする

 勝家が、「今、重きをおくべきは毛利ではない。北陸じゃ。一向一揆もあれば上杉謙信もいる」といえば

 官兵衛「おおせながら、一向宗は毛利とつながっております。毛利をたおさねば織田家の天下布武はなりませぬ

 滝川一益が「おぬし、兵をいかほどお持ちか?」とたずねれば「500」と答えて失笑を買えば、官兵衛答えて「いくさは兵の数ではありませぬ。現に織田殿はわずかな人数であの今川義元を倒したではありませぬか」と反駁。

 こんなやりとりを聞いていた明智光秀が、官兵衛に同調します。「官兵衛殿の仰せのとおり、今、毛利を攻めることこそ肝要かと存じまする

 官兵衛、用意しておいた図面を広げて、播磨の情勢や毛利攻略の計略を滔々と述べるのでした。

 すると、聞き終えた信長が、ものもいわずに立ち上がり、刀をつかんで官兵衛の前につかつかと歩み寄り「これをそちにとらせる
 
 官兵衛の見解が信長の意に沿ったのです。

 そこにあわただしく秀吉がはいってきます。

 「おそいぞ! 猿
 
 重臣たちが苦々しく見ている前で、あれこれいいわけをしたあと、秀吉は官兵衛をみて「そちが黒田官兵衛殿か。荒木村重から聞いておる。小寺家がわれらのお味方をしてこだされば心強い限り。ありがたや

 秀吉と官兵衛、はじめての出会いです。

 「猿、そちが播磨にいけ。官兵衛、摂津を手にいれなければ毛利は倒すことができぬ。毛利を倒さねば天下布武はかなわぬ。播磨攻略には内情に詳しい導きがいる。この秀吉とよろしく相談せよ。そちの申したことはこの信長の考えていたことと同じだ。面白かったぞ

 官兵衛、面目躍如たるものがあります。

■ 秀吉と

 評定が終わり、官兵衛は秀吉に岐阜城下の露天に誘われます。
 
 「圧切(へしきり)」をいただいたそうだな。みせてくれるか」と秀吉。

 あるとき、膳棚の下に逃げ込んだ茶坊主を成敗するために、信長が膳棚ごと茶坊主を圧(へ)しきって刃こぼれひとつなかったことから、信長自身が「圧切」となずけたという名刀だといいます。

 ひとしきり「圧切」を鑑賞したあと、秀吉は、先ほどの評定に遅れてきたわけを話します。
 信長が門地、門閥を問わず人材を登用することをあまり喜ばない重臣も多い。秀吉のことを毛嫌いする者もいる。もし、あの場にはじめから秀吉がいて、官兵衛の肩をもとうものなら、重臣たちはそれだけで播磨行きに反対しただろう。光秀も秀吉がいれば反対にまわったにちがいない。で、わざと遅れていったのだというのです。

 「光秀は、まだまだ上様をわかっておらぬわ

 ここまで書いてちょっとつかれちゃったい。やっぱり続きは明日の軍師官兵衛がおわってからにします。ではね。

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 軍師官兵衛-NHK大河ドラマ-プラットホーム All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。