ダイフルカン

第8回 「秀吉という男」とりあえずの感想 - 軍師官兵衛-NHK大河ドラマ-プラットホーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ

第8回 「秀吉という男」とりあえずの感想

 ちょうど、今、ドラマ黒田官兵衛「第8回 秀吉という男」が終わった。
 目の前には、発泡酒「喉ごしの生」350リットル2缶と麦焼酎「いいちこ」200ミリリットルが転がっている。

 嫁さんとドンパチをやらかして、インターネットカフェに逃げ込み、酒を飲みながら、一人、官兵衛を観たあと、頭のさめやらぬ間にと、パソコンにこうして向かい合っている次第である、
 それにしても、このインターネットカフェのキーボードは固い。もう少し、ましなパソコン入れろよ、頼んます。 

 それはさておき、今日の軍師官兵衛である。詳しくはしらふになって明日から書くつもりだが、面白かった。
 なぜ、NHK軍師官兵衛の視聴率がこんなに低いのか、私はわからない。こういうドラマは、もう若い層には受けないのだろうか。

 私は、NHK出版が出している前川洋一の脚本をノベライスした小説本を事前に読んで、それからドラマを見るので、ノベライズ本にはない演出があると、「あ、これって、脚本にはなかったぞ」などと、ついその画面が記憶に残る。

 今日のドラマでノブライズ本になかったシーンは、光が長刀(なぎなた)で又兵衛をやっつけるシーン。けど、このシーンはなかなかよかった。又兵衛役の子役の演技もよかったよ。
 
 まてよ。ひょっとしてノベライス本にもあったのかな? 家に帰って本を読みなおすわけにはいかないから、まあ、いいか。

 もう一つ。宴席が終わって、秀吉が官兵衛と酒を酌み交わすシーンの食べ物。秀吉が「苦い、苦い」といいながら、何かつくだ煮にようなものを食べていた。
 
 秀吉は手づかみだが、官兵衛は秀吉に促されて箸で食べていた。「うーん、これは苦うござるな」。
 
 秀吉がいう。昔、貧乏で、針売りなどしていたことを忘れないために、ときどきこうしてたべているのだと。そして、その食べ物の名前を口にする。
 なんと「ムカデ」。 ムカデの佃煮である。 

 これは間違いなく、ノベライス本にはなかったぞ。
 ムカデの佃煮。はたして本当にそんなものが戦国時代にあったのだろうか? 
 そして、それはどんな味がしたのだろうか。
 なんとも興味をそそられる。
 いや、食べてみたいのではない。私はこの世の中でムカデとげじげじほど嫌いなものはないのである。だから形が、そこはかとなく似ている「しゃこ」も、私はたべられない。
 いやはや、なんとも、ムカデ!!

 kmukade.jpg
  ムカデっ!! ゲッ!! ウィキぺディアから画像を拝借 

 皆さんは、映画「パピヨン」をご存じだろうか。私の大好きな映画である。
 スティーブマックウィン演じる主人公が、脱獄不可能といわれた、大西洋に浮かぶ孤島、フランス領の監獄から脱出する物語である。
 脱出になんども失敗した主人公「パピヨン」は独房にいれられる。日もささない独房である。食事も1日に粥一杯だけ。
 そこで、パピヨンは生き残るために、ムカデやアブラムシを食うのである。あの情景を思い出しちまったよ。おえっ!

 政職は、今日も、相変わらず「ここは思案のしどころじゃのいう」といっていたね。この言葉を政職が口にするときは、決まって、ほとんど何も考えていないときでんな。

 それから秀吉が、「心配、ご無用」といってたで。これもノベライス本にはないもの。竹中直人のアドリブでんな。
 NHK大河ドラマ「秀吉」で、竹中直人がこの言葉を連発して流行語になったことを知ってる人は、かなりの大河ドラマファンといえると思うよ。

 もう少し、記憶がホットな間にあれこれ書きたいけど、いいちこがおれの脳髄をとろかせだしたよ。書くのがじゃんくさいなってきたい。
 今日は、このまま、インターネットカフェに泊まろうかな。

 そういえば、ドラマ「黒田官兵衛」を見る前に、ネットカフェで映画を見たのだが、その映画は、津川雅彦が監督した、中島らもの「寝ずの番」。
 小説は読んでいたので、いつか映画も見たいとは思っていたのです。 

 この「寝ずの番」に高岡早記が出てきますな。
 妖艶な30代の美女。
 お下劣で申し訳ないが、もう、なんとも広いこと、広いこと。
 何がって? あそこでんがな、あそこ。
 フィストがどっぷり入ってしまうんだ、これが。
 いや、すみません。酔ってるもんで。
 小寺政職の妻、お紺の、チト、とりすました風情をみてて、つい映画のその場面を思い出しちゃったい。こんなこと書いて、早紀ちゃん、ごめんなさい


いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ

トラックバック

軍師官兵衛 第8回 「秀吉という男」

竹中直人氏がこのドラマにいて本当に良かった。 NHK大河ドラマ 秀吉 完全版 第壱集 [DVD](2012/01/25)竹中直人、沢口靖子 他商品詳細を見る 今回というより今後良いところがあった回だけ書いていく回だけ書きます。 でも簡易感想だけどな!w 秀吉関連のやり取りは全般的に良かった。 最初の信長との対談の織田家臣団の 相変わらずのテンプレの頭の悪さ(特に光秀)...

2014-02-23 22:16 from 灼熱伝説

大河ドラマ「軍師官兵衛」第8回

人は、宝… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402230001/ 【送料無料】絶対絶対めげない男黒田官兵衛の行動原理 [ 鳥越一朗 ]価格:735円(税込、送料込)

2014-02-24 13:05 from 日々“是”精進! ver.F

【軍師官兵衛】第8回 「秀吉という男」感想

官兵衛(岡田准一)は岐阜城を訪れ、信長(江口洋介)に謁見。 明智光秀(春風亭小朝)ら織田家重臣たちが居並ぶ緊張と信長の鋭い視線にさらされる中、 必死の思いで播磨攻略法を説く。 官兵衛を気にいった信長は名刀を授け、播磨攻めの総大将に秀吉(竹中直人)を任命する。 秀吉は、官兵衛を自身の居城・長浜城に連れて行き、妻・おね(黒木瞳)や石田三成(田中圭) らと引き合わせ、夜が更けるまで語...

2014-02-24 13:57 from ドラマ@見取り八段・実0段

孫子・計篇に曰く、兵者詭道也・・・と軍師官兵衛篇は織田信長篇に合流(岡田准一)

つまり、支流が本流に合流してここから大河ドラマ・・・なのですな。 で、「孫子」の「計篇」からの引用である。 「計篇」は「孫子十三篇」の冒頭の一篇である。 「戦争は国の大事であるので・・・慎重に事を進めなければいけない。そのために五事七計が重要となる」 孫子では戦争の内容を分析するためのいくつかの指標

2014-02-24 15:50 from キッドのブログinココログ

軍師官兵衛~第八話「秀吉という男」

第七話「決断のとき」はこちら。 前回の視聴率は15.2%と微増にとどまった。世間

2014-02-24 18:04 from 事務職員へのこの1冊

軍師官兵衛 第八回

『秀吉という男』 「秀吉という男〜乱世の英雄との出会い!」 内容 政職(片岡鶴太郎)を説得し、織田家につくことが決まった小寺家。 その使者として岐阜城を訪れることになった官兵衛(岡田准一)は 信長(江口洋介)への謁見を許される。 織田家家臣団を前に、官兵...

2014-02-24 18:12 from レベル999のgoo部屋

軍師官兵衛 第8回「秀吉という男」

前回前置きがあった信長との初対面から物語は始まります。事前に信長から大変気に入られたということを知っていたので、どれだけ素晴らしい説得を行うのか気になっていたのですが結果的には予想の範囲内でした。分析は非常に的確なのですが、もう少し洞察力のある説明があるとよかったのになと感じてしまいます。 官兵衛に対してもの凄く期待してしまった結果なのですが、それだけのことを言ってくれるのではという思いがあ...

2014-02-24 21:57 from あしたまにあーな

NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」第8回「秀吉という男」

先週いよいよ信長様の御前に上られた官兵衛様。プレゼンの売り込みの大一番ですよ!気に入ってもらえればいいんですけど場合によっては・・比叡山のお坊様まで皆殺しにする第六天の大魔王にどんな仕打ちをされるものかー!官兵衛様ガクブルのまま一週間の御無沙汰でした!いよいよ緊張のお目見えから再開です~~~。

2014-02-24 22:49 from 真田のよもやま話

『軍師官兵衛』 第8話「秀吉という男」

非常に物足りない信長への謁見  播磨の情勢と播磨(小寺家)の重要性を説くが、内容はナレーションが語るような説明。  織田家重臣を唸らせるような鋭い分析や兵法でもなく、心を動かすようなものでもなかった。  官兵衛の手勢が兵500と聞き、 丹羽長秀が「なるほ...

2014-02-25 09:47 from 英の放電日記

軍師官兵衛第8話(2.23)

織田信長@江口洋介に謁見、毛利攻めを進言した黒田官兵衛@岡田准一は 信長に気に入られ、名刀圧切長谷部を拝領、 信長から播磨攻めを命じられた羽柴秀吉@竹中直人と意気投合したと 播磨の形勢、信長より前に視聴者に説明してほしかったな(苦笑) 官兵衛が信長・秀吉と絡むようになって、やや面白くなってきたかな 相変わらずそこは必要なの?と感じてしまうシーンもありますが、 官兵衛と織田家臣団の論戦(孔明...

2014-02-26 01:46 from まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)

大河ドラマ「軍師官兵衛」生き抜く為に勝つ術8信長に播磨平定が中国攻めの道と説き、秀吉とは意気投合して生き抜く為の後ろ盾を得た

大河ドラマ「軍師官兵衛」第8話は官兵衛は信長に謁見し信長に播磨を抑えれば中国攻めが有利になると論じ、信長も官兵衛の考えと自身の考えが一致した事で官兵衛に名刀を与え、秀 ...

2014-02-26 06:04 from オールマイティにコメンテート

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 軍師官兵衛-NHK大河ドラマ-プラットホーム All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。