ダイフルカン

第8回放送「秀吉という男」-26.2.23ー(その②) - 軍師官兵衛-NHK大河ドラマ-プラットホーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ

第8回放送「秀吉という男」-26.2.23ー(その②)

第8回放送「秀吉という男」-26.2.23ー(その①)から続く

■ 岐阜城下の露天にて

 官兵衛が、控えの間でやきもきしてまっていた善助たちに、事の首尾を伝えて喜び合い、一息いれたところに、秀吉がやってきた。
 岐阜の城下を案内してやるという。
 
 見物を終えて露天に入っても、官兵衛たちは飽きもせず、岐阜の町並みや賑わいを眺めた。
 「にぎやかな城下でございますな。うわさには聞いておりましたがこれほどとは…
 「今や岐阜は日の本一の町だ。楽市楽座、関所をなくし道を広げ整えた。人が人を呼びこの賑わいをもたらしたんじゃ。ところで、官兵衛。おぬし、上様から圧切をいただいたそうだな。見せてくれぬか
 
 秀吉が鞘を払うと、刀身が見事な輝きを放っている。
 「おーっ、うわさにたがわぬ名刀じゃ
 そういって、秀吉は官兵衛に、この刀に圧切という名前がついた由来を話し始めた(圧切の由来→コチラ)。

 「圧切をいただくとは、上様に気にいられた証拠じゃ。しかし慌てたぞ。おことが茶坊主のように真っ二つにきられるのではないかとな
 「ご覧になっておられたのですか」と官兵衛。

 秀吉は、事前に毛利攻めのことを聞いていたので、わざと遅れて信長の前に出たのだという。
 「というのもな。織田家は門地、門閥を問わずというが、重臣の中には柴田勝家のような頭の固い男がおって、百姓出のわしを毛嫌いするんじゃ。もし、最初から上様の拝謁の場にわしがいて、おぬしの肩をもったら、それだけで重臣連中は官兵衛の計略に異を唱えるに相違ない。そう思って、遅れていったのよ

 「されば、秀吉様はご自身が毛利攻めに大将に任じられるよう、一芝居うったのでござるか
 「まあ、そううわけだ。あまり大きな声ではいえぬが、わしには上様の心が読めるのだ。ここを押せばこうなるというツボを心得ておる
 
 秀吉は愉快そうに笑った。官兵衛は感心するばかりだ。

 「そうじゃ、官兵衛殿。今からわしの城にこぬか。わしはな、琵琶湖に面した今浜の地に、新しい城、長浜城を築いておる

 生返事をする官兵衛にかまわず、秀吉はさっさと長浜行きを決めてしまった。

■ 官兵衛という道具

 一方、信長。
 謁見が終わって、お濃を相手にぶどう酒を飲んでいる。白ではない。赤である。
 お濃が聞いた。
 「毛利いきは明智光秀殿と決めておられたのではなかったのですか?
 「こたびは道具の手入れをしたのよ。長篠の戦がおわって、みながたるんである。人こそ一番の道具。毛利攻めを秀吉に任せたことでみなの目の色が変わった。光秀があのあと、丹波を攻めたいというてきおった。わかるか。あやつら、百姓出の秀吉が手柄を独り占めにすることが我慢ならんのだ
 「あの播磨者も道具でございますか?
 「官兵衛か。よい道具を見つけた。猿とウマがあえば、存外、面白い仕事をするかもしれぬ
 お濃に返す言葉はない。

■ 一方、御着では

 職隆のところに、官兵衛からの事の首尾を伝える文が届き、職隆はその文をもって御着の政職のもとを訪れた。

 「我がせがれながら、こたびは難しいお役目をよく果たしたものでございます
 「この文には小寺が毛利攻めの先鋒になると書いてあるが、わしはそのようにいうた覚えはないがのう・・・
 早、心変わりしている政職がそこにいた。
 「まあ、この乱世、織田といえども明日はどうなるか。わかったものではないわ。毛利なら本領安堵。御着はこのままでよいと申しておるそうだ。そうであろう、のう、左京進
 「はい」と陪席している左京進が答えた。毛利の使僧、安国寺恵瓊の調略の手がここにも伸びてきているのだ。
 職隆は、政職ににじりよっていった。
 「殿、評定でお決めになったことを今になって覆すは家臣に示しがつきませね。当家の信用にもかかわりますぞ
 「信用を守るために小寺家が滅んではなにもなるまい。すべては生き残るため。れは官兵衛がいった言葉じゃ。織田について果たして生き残れるのか。ここは思案のしどころじゃのう
 職隆はあきれてものもいえない。政職が「思案のしどころ」という言葉を発するときは何も考えていないときである。
 それにしても、当初より政職の赤鼻。よけい赤くなったと思いません、みなさん(赤鼻のこと→コチラ)。

        第8回放送「秀吉という男」-26.2.23ー(その③)に続く

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 軍師官兵衛-NHK大河ドラマ-プラットホーム All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。