ダイフルカン

本能寺の変の真相 - 軍師官兵衛-NHK大河ドラマ-プラットホーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ

本能寺の変の真相

織田信長、徳川家康、豊臣秀吉
(「軍師官兵衛」から。 徳川家康(寺尾聡)、織田信長(江口洋介)、豊臣秀吉(竹中直人)

■ 本能寺の変

 本能寺の変は、日本歴史上のミステリーのひとつといわれます。
 特に、なぜ、明智光秀が信長に謀反を企てようとしたのか、このことに疑問や議論が集中しているのです。 

 本能寺の変がおきたのは、1582年(天正10年)6月2日のことでした。毛利と織田の最前線、備中高松城が秀吉の水攻めによってほぼ陥落しようとしており、秀吉はその総仕上げのために、安土にいる信長にその来駕を仰ぎ、信長はこれを了承します。

 そして、信長は光秀に命じていた家康の饗応役を解き、信長の先触れとして、光秀に高松城への先発を命じます。
 光秀はその命を受け、丹波亀山城から発向しますが、その向かった先は高松城ではなく、信長が宿舎としていた京の本能寺でした。  

 光秀は、ひたひたと夜間行軍を進めている軍勢に向かってこういいます。
 「敵は本能寺にあり!」  

 そのとき、京には、本能寺に信長が、妙覚寺に信長の子ら(信忠、長利、勝長、長益(後、織田有楽斎と称し、秀吉のお側集のひとりとなる。)が宿泊していました。  

 2日未明、外の騒々しい物音に目を覚ました信長は、側近の森蘭丸に尋ねます。
 「やけに外が騒々しいようだが、いかがした」
 外の様子を見にいった蘭丸は、血相を変えて信長に復命していうには
 「桔梗紋の軍旗が立ち並んでおりまする。日向の守、ご謀反!」
 多勢に無勢。明智勢に攻めたてられた信長は、遂には本能寺に火を放ち自刃するのです。

 信長49歳。信長自身が号していた「天下布武」を目の前にして、あえない最後を遂げたのでした。 

 妙覚寺に宿泊していた信長の長男、信忠は、光秀の謀反を知り、二条城に立てこもりますが、光秀の猛攻にあい、これまたあえない最期を遂げます。
 このとき、長益以外の信長の子ら、長利、勝長も、二条城で自刃したのでした。

■ そのとき、京は 

 このとき、京は軍事的には真空地帯にありました。
 ここで、当時の四囲の状況を振り返ってみましょう。

honnnoujinohenn.gif
(サイト「本能寺の変の不思議」から転載)

 羽柴秀吉は、毛利氏と高松城で対峙の最中でした。その仕上げにこそと信長の来駕を仰いだのです。  

 織田の宿将、柴田勝家は、佐々成政、前田利家、佐久間盛政の諸将を従えて、北陸の地で上杉景勝に対峙しており、戦線はこう着状態にありました。 

 丹波長秀は、信長の次男、神戸信孝(信雄が次男で、信孝は三男だったともいわれる)とともに、四国のできびと、長宗我部元親と交戦準備のために堺にいました。  

 織田の宿将の一人、滝川一益は、北条氏と関東で刃を交えている最中です。 

 信長配下の武将で、四囲に争いの火種を抱えていなかったのは、伊勢を勢力下におく信長の次男(三男とも)、織田信雄(のぶかつ)ですが、京に進攻するにはやや距離があり過ぎました。 

 つまり、光秀を除けば、京は織田軍団のいない真空地帯となっていたのです。  

 敵や部下の裏切りに敏感だった信長が、なぜ、このような真空地帯を作ってしまったのかは、これまた、歴史のなぞのひとつですが、まさか、子飼いの光秀が弓を引くなどとは、信長には考えもつかなかったというのが真相だったんだろうと思います。 

 光秀を地下人(じげびと)からここまで引き上げてきたのは、他ならないこの信長であるという強い自負が信長にはありました。
 だからこそ、どんなにあざけりいやしもうとも、光秀が信長に楯をつくなどとは考えられないことだったに違いありません。逆説的にいえば、信長はそこまで光秀を信頼もしていたのです。

■ 光秀の謀反の真相


(歴史ミステリー「戦国最大の謎!」本能寺の変の真相は!?)から

 なぜ、光秀が信長に弓引くという挙に出たのかについては、歴史家から小説家、市政の研究者にいたるまで、まさに議論百出しています。 

 代表的なものをあげてみましょう(⇒詳しくは、ウィキぺディア「
本能寺の変」)。

◇ 野望説  
 天下が欲しかった光秀の単独犯行とする説。
 時は下克上の時代です。
 部下が主君にあだなすことは、さして不思議なことだとは考えられていませんでした。光秀にも天下を望まんとする野望が潜んでいたというのです。

◇ 怨恨説
 悪臭のする魚を出して、家康の接待役を解任されことで面目を失ったこととか、まだ敵地の出雲の国、伯耆の国、石見の国への国替えを命じられたこととか、八上城戦で母を信長のために死なせてしまったこととか、武田氏を滅ぼした戦勝祝いの席で、光秀が「これでわしらも骨を折ったかいがあった」と言ったのを信長が聞き咎め「おまえごときが何をしたのだ」と殴り足蹴にされて恨んだことなど、信長を恨む気持ちが、光秀の心の中で増幅していたというもの。

◇ ノイローゼ説
 ストレスなどから発症する自立神経失調症などで精神的に追い詰められて、冷静な判断ができず謀反を起こしたとされる説。司馬遼太郎は国盗り物語を書くに際して、この説に魅力を感じるとしています。

◇ 黒幕が存在していたとする説
 この説は光秀の単独犯説を否定し、光秀には黒幕がいたとするものです。7月9日のNHK歴史秘話ヒストリアでは、この黒幕説にたって、では誰がその黒幕だったかを推理していますね。 

 黒幕候補にあがったのは、1人目が室町幕府最後の将軍、足利義昭。
 2人目が朝廷に仕える公家、光秀の親友、吉田兼見。
 3人目の黒幕容疑者は、当時、急速に勢力を拡大していたカトリックの団体イエズス会の幹部オルガンティーノ神父。 

 彼らがなぜ黒幕だったと考えられるかについて、いろいろ、新しく発見された歴史資料にあたって検証していますが、ヒストリアでは最終的には、これらの人物が黒幕だったと特定するに足りる証拠はみつからなかったと結論づけています(詳しくは⇒「
歴史秘話ヒストリア本能寺の変」)

■ 私はこう思う 

 この他、あまたの説が流布されていますが、私は光秀ノイローゼ説に軍杯を上げたいと思います。 

 そのわけは、光秀の行動にはどこかに矛盾や不可解な点があり、どの説でも光秀の反逆の理由を、必要十分に説明しきれないというところにあります。 

 つまり、そのような一貫性のない行動をとること自体が、光秀がノイローゼ状態にあったことを指し示す証左だと考えるわけです。  

 光秀は、信長が役に立たないと判断すると、平然と部下を見殺しにし、弊履のごとく捨て去ることを、これまでのあまたの事例の中で知り抜いていました。 

 光秀は、怨恨説にみられるような、信長の光秀に対する冷淡な態度に、このままでは、何の罪、とがもないのに、高野山に追放された佐久間信盛のように、信長から過酷な扱いを受けるのではないかという不安に恐れおののいていました。 

 そのことを思うと、光秀は夜もおちおちゆっくり眠れなかったにちがいありません。そこに、京が信長軍団にとって真空地帯になるという好機の到来です。 

 光秀は、信長を討つには今をおいてほかにない。この機を逃せば間違いなく、自身にもこれまでの信長の部下のような破滅のときがやってくると考えたことでしょう。 

 信長を討ったあと、どのようにして全国の諸将を糾合し、明智幕府を開くかといった、用意周到な作戦を描く、いつもの理性的で冷静な光秀はそこにはいませんでした。とにかく、信長を討つ、そのことだけが光秀の最終目標だったろうと思います。 

 それもこれも、信長という絶対的存在を恐れたがゆえの、ノイローゼ状態がなせる業だったのでしょう。

明智光秀
    (明智光秀「春風亭小朝」)

■ NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」の光秀
 
 NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」では、光秀がなぜ信長を討とうと決意するにいたったかについて、はっきりとした見解を示しているとはいえませんね。 

 正親天皇の意を受けた公家、吉田兼見が光秀に対して、信長が何の官位も受けようとしないことについて苦情を述べ、なんとか官位を受けるよう信長を説得してくれと光秀に懇願したり、信長が光秀に、「この国に2人の王はいらない」といって、光秀を驚愕させる場面が描かれていますが、それが光秀反逆の決定的理由として描かれているわけではありません。黒幕の存在を匂わせる場面もありません。 

 そこは、意図的に視聴者の判断に委ねたといったところでしょうか。

■ 本能寺の信長

 さて、7月13日のNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」。本能寺の変が主題でした。 

 なだれいる光秀の軍勢の前に弓折れ矢尽きた信長は、燃え上がりはじめた本能寺の屋敷奥深くに濃姫と一緒に退きます。 

 途中、屋敷内に乱入してきた光秀勢に濃姫が討たれ、信長はその濃姫にとどめをさして、最期は一人、本能寺屋敷奥深く、燃えさかる炎の中で、自らの首に刃をたてて果てるのでした。  

 信長が最期に歌うようにつぶやくのは、「人生50年、下天のうちに比ぶれば、夢幻の如くなり」という、例の敦盛の一節でした。 

 信長が自らの首に刃をあて、その刃を強くひくと、信長の首筋から音をたてるように血潮が噴出します。これはNHKにすれば、結構、大胆な演出でしたね。 

 過去、何度も繰り返されてきた信長の自刃風景にはみられないものでした。  

 信長役の江口洋介は、この場面の撮影を振り返って、 

 「従来の信長像に収まらないように務めました。大河ドラマで、信長がこれほど立ち回る本能寺は初めてでは」
 「本当に熱かったけど、部屋に入ると肝がすわって『もう火がきてもいいや』と思って。スリリングな体験でした」
 「信長のように人生を全力疾走できるかわからないけど、人の心を動かすことのできる俳優を目指したい」
(⇒産経ニュース)などと述べています。 

 私としては、個人的には、濃姫が本能寺で信長に殉じるというのは、演出過剰だなあと感じましたね。この場面はもっとドライなほうがよかったと思います。 

 信長の自刃風景は、まあ、こんなものかな。特に可もなく不可もなくといったところでした。 

 場面はこれから大きく変転します。この凶報が高松城を囲む秀吉や官兵衛たちのもとにもたらされ、官兵衛は大きな決断を迫られるのです。 

 官兵衛はどんな決断を下したのか。それは次ページの回のお楽しみ。今日は、ここまでにしておきましょう。




■ 本能寺の変431年目の真実


 市井(しせい)の歴史研究家、明智光秀の子孫、明智憲三郎氏による、本能寺の変の実相に迫る著書2冊が、ここ数年の間に相次いで出版され、人気を博していますね。  

 1冊目が「本能寺の変427年目の真実」(2009年3月 プレジデント社)、2冊目がその4年後に書かれた「本能寺の変431年目の真実」(2013年12月 文芸社)です。
 
 著者の明智氏は、2冊目の上梓に当たって、両書の関係をこう述べています。 

 「本書はご好評をいただいた前著「本能寺の変 427年目の真実」に、4年間の追跡捜査結果を加筆・修正して、文庫本にしたものです。感覚的には前著の文庫本版というよりも『進化版』に仕上がりました。」  

 つまりは、両著とも基本は同じスタンスで書かれた本なのです。  

 私は、明智光秀が、なぜ、本能寺の変を起こしたのかについて、ノイローゼ説に親近感を覚えると書きましたが、明智氏は、本能寺の変の実相について、まったく新たな見解を提示しています。  

 それは単独犯説でも、怨恨説でも、野望説でもありません。ましてノイローゼ説など論外。 

 ちょっとヒントを書いておきましょう。
 ヒントその1:本能寺の変の起きる前、信長に招かれて安土城にきていた武将に関係する。
 ヒントその2:光秀と同じく元は足利義昭に仕え、のち信長に仕えることとなった武将に関係する。
 ヒントその3:春日局「かすがのつぼね」の素性は?

 この本については、こんなレビュー記事が目を引きます。
 

 第1作の「本能寺の変 427年目の真実」では目からウロコが落ちた読者が続出しました。
 その1人の私は、それ以来明智さんのブログを読んで、ますます彼の歴史の真実を求める姿に感動し続けています。
 光秀の子孫である作者は、梅原猛氏的手法で史実と嘘を見分け、明らかに「間違っている定説」に立ち向かって行きます。
 大体、お隣の中国にしても権力を握ったものは旧勢力を貶め都合のいい歴史書を作ってきました。文革然り。
 「勝者の歴史」です。日本でも同じことが起こっているのは当然です。
 時代は違っても梅原猛氏の3部作などで胸のスク思いをされた方も多いと思います。その嘘にまみれた勝者の歴史を見直し、光秀や信長、家康、安土城や中国大返し、信長公記と太閤記・・・様々な謎を見事に解明してくれた珠玉の第2作と言えます。

 
 こうして、この本はアマゾン本のベストセラーになりえたのです。

本能寺の変 四二七年目の真実
本能寺の変 四二七年目の真実明智 憲三郎

プレジデント社 2009-03
売り上げランキング : 12283


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【文庫】 本能寺の変 431年目の真実 (文芸社文庫)
【文庫】 本能寺の変 431年目の真実 (文芸社文庫)明智 憲三郎

文芸社 2013-12-03
売り上げランキング : 41


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ

嬉しかったです。

できるだけ多くの人に教えたくて、こうして連絡します。
母子家庭で3歳の息子がいて、何も買ってあげられなかったんです。
ある人に出会わなければ私の人生は何も変わっていなかったと思います。
お願いしたら、本当に欲しいだけの現金をくれたんです。
不労所得が簡単にできるんです。
本当に知りたいという人だけに教えます。
知りたい人は、emi_himitu@yahoo.co.jpにメールしてください。
すぐに返事出しますから。

2014-07-16 15:15 from 白鳥吹美 | Edit

最初は驚きましたが、今ではすごく感謝しています。

突然私がこんなことを書くので、驚くかもしれません。
今までずっと生活がくるしい人生でした。
私はここで人生がかわりました。
苦しかった生活が一変しました。
不労所得が簡単にできるんです。
本当に助かりたい人だけに教えます。
知りたい人はemi_himitu@yahoo.co.jpまでメールください。
すぐに教えますから。

2014-07-19 16:30 from cotone | Edit

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 軍師官兵衛-NHK大河ドラマ-プラットホーム All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。