ダイフルカン

殿、ご運が開けましたな - 軍師官兵衛-NHK大河ドラマ-プラットホーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ

殿、ご運が開けましたな

■ 「殿、ご運が開けましたな」

 黒田官兵衛のとった行動で、もっともよく知られている場面の1つ。
 秀吉軍が毛利軍と備中高松城をはさんで対峙する中、信長が本能寺で明智光秀に討たれたことを伝える毛利軍への密書を密偵から奪った秀吉が、その密書を読んで泣き崩れるのを見て、官兵衛が、「殿、やっとご運が開けましたな」と秀吉にいう場面があります。
 今こそ、天下に覇をとなえるときがやってきたと、主君の死に放心し打ち沈む秀吉を励ましたのです。

 現実には、具体的にどういう言葉を使ったかははっきりしていませんから、これを官兵衛の語録ととらえることにはやや無理があるかもしれませんが、この官兵衛の言葉に秀吉は我にかえり、あの中国大返しを行うことになったのですから、官兵衛のこの言葉はその後の歴史を動かす大きな一言になったのです。
 そしてその言葉は、また、このような事態の中でそういう発想をもつことのできる官兵衛に対して、天下に野心を持つ者という印象を、秀吉に植えつけたところでもありました。

中国大返し


■ 流行語大賞になるかも

 大河ドラマ「軍師官兵衛」の中で、演出者が官兵衛にこの場面でどういう言葉を秀吉にかけさせるのかは今から楽しみですが、私は冒頭に書いたような言葉になるのではないかと想像します。
 そして、もし大河ドラマ「軍師官兵衛」が人気を博してヒットするようなことがあるなら、「ご運が開けましたな」は、ひょっとすると、来年の流行語大賞に選ばれるのではないか、そんな気さえします。
 私もそれを先取りして、この言葉を知り合いの誰かに投げかけてやろうと、今から虎視眈々、その機会を窺っているところです。
 これを読んでいる皆さんも、友達か誰かが何かで褒められるようなことがあったら、「おっ、それはたいしたもんですね。○○さんもご運が開けましたな」などといってみてはいかがかな。



いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村

大河ドラマ・時代劇 ブログランキングへ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 軍師官兵衛-NHK大河ドラマ-プラットホーム All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。